2014.01.05
(Sun)

練習会

2014celloday.jpg

新年明けて最初の「チェロの日」練習会。 参加はこれまで最多の 7 + 10 + 6 + 12 = 35名だったか。 いつも人数のカウントに指揮者1名を勘定に入れていないことを指摘されたけど、これは同じアマチュアの立場なのにもかかわらず、ボランティア的に練習をリードしてくださる指揮者役への特別な敬意のあらわれと理解していただきたい… きょうの指揮者役の方はこれまでとはまた違った曲順、違った視点から練習をリードしてくれて、これもまた楽しかった。 例えば全体練習の初めが、クレンゲル「ヒムヌス」の山場、練習記号Eからいきなり始まる、といった具合。

ここまで練習会を積み重ねてきて、個人的にはだいぶ弾けてきたところとまだ少しリスキーなところとがはっきりしてきた。 プロの演奏家が加わってくれる2月の本番ではどれくらい"攻める"か、そろそろ考えておかなければならないところ。 噂によると全パートにほぼもれなくプロが加わってくれるらしいので、本番では無理をしないほうがいいのかも知れない。でも、指揮の山本祐ノ介さんの前では(少なくとも練習では)弾けるところはついアピールしたくなってしまうかも。

関連記事

タグ : チェロの日 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック