2014.01.03
(Fri)

ヨーヨー・マ@ニューヨークフィル・ガラ・コンサート

アメリカでも「お正月特番」というのかどうかわかりませんが、公共放送PBSで放映されたヨーヨー・マ出演のコンサートが PBSのサイトで見られるようになっていました。

New York Philharmonic Gala with Yo-Yo Ma [14.01.01 PBS]

2013年9月25日にリンカーンセンターで行われたニューヨーク・フィルのコンサートの録画で、指揮はアラン・ギルバート、曲目はラヴェル 「道化師の朝の歌」のあと、14分過ぎくらいからヨーヨー・マが登場してオスバルド・ゴリホフ(1960-,アルゼンチン)がヨーヨー・マのために書いた「アズール(Azul)」という曲、 48分くらいからピアソラの「天使の組曲」、最後がラヴェル「ボレロ」というプログラム。

天使のミロンガ ベルリン・フィル12人のチェリストたち ピアソラの「天使の組曲(La Serie del Angel)」は、もともと「~導入部(Introducción)」「~ミロンガ(Milonga)」「~死(Muerte)」「~復活(Resurrección)」の4曲からなるタンゴの組曲で(他に「悪魔の組曲」というのもあるらしいですが)いろいろな編曲があるよう。

ベルリンフィル12人のチェリストたちは2006年のCDで、「死」「ミロンガ」「復活」の順で3曲を演奏していますが、ここでヨーヨー・マが演奏しているのもまた変わった編曲。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック