2013.12.12
Thu

錦織のコーチにマイケル・チャン

錦織圭選手(23)がコーチにあのマイケル・チャン(41)を迎えるそう。これまでのコーチ、ダンテ・ボッティーニは引き続きフルタイムで同行し、マイケル・チャンは主要ツアー大会に同行、とのこと。

そのことを発表したフェースブックの投稿

はじめ写真の右側が誰だかわからなかった…。

マイケル・チャンは1989年全仏優勝、最高ランキング2位。2003年に31歳で引退するまでツアー34勝、全豪・全米で決勝進出4回…。今年ランキング11位まで行ったものの、トップ10の壁に苦労している錦織選手にとっては、ここでもう一段何か変えなければと思ったのでしょう。

マイケル・チャンのコーチ就任は、戦略面とメディア対応との2つの面でメリットがありそう。これまで錦織選手は試合運びに関しては「好きなように」やってきたように思われ、ボッティーニコーチもある程度そうさせていたように思われるけど(あるいは言うことをあまり聞かなかったのかも知れない)、錦織選手もマイケル・チャンの言うことになら従うかも知れない。メディアに対しては、マイケル・チャンの知名度は大きいでしょう。

来年の四大大会で、錦織選手サイドの席にマイケル・チャンがいる映像を思い浮かべるとちょっとワクワクします。

追記: 錦織選手は13日付けのブログでマイケル・チャンに2週間コーチングを受けたことに触れていて、意外にも技術面で細かい指摘があったよう。感触はいいようで、マイケル・チャンのことを「世界のトップ3のコーチには入ると思います」と。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック