2013.12.04
Wed

発表会曲目

今週末行われるチェロ教室の発表会のプログラムから。発表会のプログラムというのは、どんな曲が演奏されるのか、弾くのはどんな方でどうしてその曲を選ばれたのか、いろいろ想像しながら見ると飽きることがありません。

チャイコフスキー シャンソン・トリステ
瀧 廉太郎 荒城の月 / イタリア古曲 シチリアーナ
マルチェロ ソナタ ホ短調 1,2楽章
カッチーニ アヴェ・マリア / エルガー 愛の挨拶
ブラームス チェロソナタ第1番 ホ短調 1楽章
グリンカ ノクターン≪別れ≫ / グラナドス 間奏曲
シューベルト セレナーデ / ビゼー 真珠取りの歌
バッハ 無伴奏組曲1番ジーグ / パラディス シシリエンヌ
ピアソラ カフェ1930 / ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ5番アリア
バッハ フランス組曲第3番 メヌエット / ポッパー いつかの美しい日のように
チャイコフスキー ノクターン / シューマン アダージョとアレグロ ※←わたし
講師演奏

この中で、グリンカのノクターン≪別れ≫とポッパーの「いつかの美しい日のように」の2曲を知らなかったので、YouTubeで演奏を探して聴いてみたところ、どちらも哀愁たっぷりのいい曲でした。

最後の講師演奏でR子先生が何を弾くのかは、いつも本番まで教えてくれません。

後日追記: 講師演奏はオッフェンバック/トーマス=ミフネ編「ジャクリーヌの涙」で、この曲も演奏もすばらしいものでした。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック