2013.09.10
Tue

船橋+フラッシュモブ=フナッシュモブの演奏動画

去る7月27日夜、船橋駅前で行われたスーパー・チェロアンサンブル・トウキョウの12人のチェリストたちによるフラッシュモブ演奏[過去記事]の動画が公開されていました。ピアソラの「アディオス・ノニーノ」の演奏が1分過ぎあたりから。

フラッシュモブというと通常どこからともなく演奏者が“サプライズ”で登場するもので、イスを使うチェロ奏者は、どうしても登場のしかたが難しいもの。

ここでは無人のイスが12脚並び、何かが始まりそうな期待感が満々のところに丸山泰雄さんだけがふらりと現れ、軽く音出しかな?と思わせて、いきなり情熱的なピアソラの演奏が始まるところが、なかなか巧妙な演出だったなという気がします。

追記: ピアソラ「リベルタンゴ」

さらに追記: ちょうど今、私も練習しているヴィラ=ロボス「ブラジル風バッハ1番」1楽章(こ、こんなテンポで弾いちゃうんだ…)。

また追記: バーンスタイン「ウェストサイド・ストーリー」より「トゥナイト」

関連記事

タグ : フラッシュモブ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック