2013.08.21
Wed

音よりも見かけ

人は演奏家を音よりも見かけで判断しているらしい、という研究結果が出たそう[BBC]。

原論文もちょっと読んでみたのですが、 ピアノコンクールの決勝進出者の演奏の音と映像から優勝者を当てさせたところ、音楽初心者、専門家いずれの場合も、 音のない映像だけを見たグループのほうが、音だけを聴いたグループ、音声つきの映像を見たグループよりも高い確率で優勝者を当てたのだそうです。発表したのはChia-Jung Tsayさんという、自身もジュリアードでピアノを学んだピアニストで心理学者[LATimes 写真も]。 人は見た目が9割

音楽を聴くときにも人はいかに視覚を頼りにしているかということですが、たしかにコンクールなどを見ていると勝ち残る人はどことなく堂々としていたり、姿勢が良かったり、余裕がありそうだったり…見ていてなんとなくわかるものですよね。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック