2013.08.14
Wed

アンサンブル発表会が終わってこれからの予定

11日のアンサンブル発表会は、本番を迎えるまでがちょっと大変で、少々疲れた。 なにしろ4組6曲は多すぎた。 これだけあると個人練習の時間はともかく、合わせ練習のスケジュール調整が大変になる。 時間だけでなく、人とのやりとりに疲れたりすることもある。

グループによって、慎重に練習を重ねるグループと「まあなんとかなるよ」と早々と割り切るグループもある。 だいたい後者のほうがあぶない。

アンサンブルは、スポーツで言えば団体戦、あるいはテニスのダブルスのようなもので、 個人として上手くできたかどうかということとチームとしてどうだったかとはまた別物になる。 個人として出来が悪くてもチームとしてはオーケーということもあるし、逆に個人としてはまあまあだと思っていたとしても「負けは負け」ということもある。 だから結果をどう評価しどう次につなげるか、結論を言葉にするのは中々難しい。

それでもアンサンブルは楽しいし、これからも続けようと思う。 チェロを始めたいじょうソロだけでなくチェロアンサンブル、室内楽、オーケストラと、チェロで楽しめることは一通り何でも楽しみたい。 それらは互いに別物ではなく、どれか一つで学んだことが残りの3つに活きるもののようだ。 それにこのように幅広く楽しめる人生の時間は、どの道それほど長くない。

これからの予定:

  • 11月17日 オーケストラ定期演奏会。シューマンの4番、ハイドン104番など。
  • 12月6日 R子先生の教室発表会。シューマン「アダージョとアレグロ」など予定。
  • 来年2月8~9日 日本チェロ協会「第4回チェロの日」[HP,Facebook]。
    アマチュアチェリスト50名余りが集まる"チェロオーケストラ"に参加してヴィラ=ロボス「ブラジル風バッハ1番」、クレンゲル「ヒムヌス」など4曲を弾く予定。
関連記事

タグ : カルテット 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック