2013.07.06
(Sat)

ヘンマン・ヒル?マレー・マウンド?2013

イギリスのアンディ・マレー選手がウィンブルドンで2年連続の決勝進出を決めましたが、気になるのは実況しているWOWOWのアナウンサーが、ウィンブルドンの屋外観覧席、ヘンマン・ヒルのことをマレー・マウンドで決まりのように呼んでいること。

この件は以前から気になっていますが、イギリスのBBCなどのニュースを見ていると、2013年の今の時点でもまだ、単にHenman Hill、またはHenman Hill/Murray Mound(Mount)と併記するかのどちらかのことが多いような気がします。

ちなみにGoogle Trendsでキーワードの最近のトレンドを見ると以下の通り。青がヘンマン・ヒル、赤がマレー・マウンド。

Tim Henman: England's Finest

テニスファンとしては、ウィンブルドンで長年母国イギリスの期待を背負って美しいサーブ・アンド・ボレーを貫いたティム・ヘンマン(1974-)のことは忘れて欲しくないですし、何よりウィンブルドンでのことはイギリス人に倣うべきだと思うので、
「ヘンマン・ヒル…まあ最近ではマレー・マウンドとも呼ばれていますが」
というのが、今の時点での妥当な呼び方ではないかと思うのであります。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック