2013.07.03
Wed

音楽の友7月号

音楽の友 2013年07月号 チェリストについて特集されていた「音楽の友」7月号。内外のチェリストの動向、とくに堤剛、山崎伸子、向山佳絵子の各先生の特別鼎談が、それぞれの時代の違いなどが垣間見えて面白かった。

加えて特別企画として、4月に亡くなったシュタルケル氏に師事したチェリストたちが、シュタルケルにまつわる、おそらく「とっておき」のエピソードを語った記事。

音楽専門誌はこうした演奏家の生の声が聴こえてきそうなインタビューなどの記事が好き。海外で活躍する日本人プレーヤーとして中木健二さんも。

さらに別の記事では、よく音楽でご一緒させていただいている方が、バンと大きな写真入りで紹介されていて「衝撃」をうけたのだった…

[追記: 「サラサーテ」8月号でもシュタルケル氏の追悼特集が組まれていた。] サラサーテ 2013年 08月号

関連記事

タグ :   シュタルケル 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック