2013.04.17
(Wed)

Paulo国際チェロコンクール

フィンランドのヘルシンキで16日から第5回Paulo国際チェロコンクールというのが開催されているらしく、予備選考を通った11ヶ国24人が、27日まで1次2次予選と本選とで腕を競うようです。

出場する24人の顔ぶれを見ると、日本人の参加者はいないようですが、近年のコンクールでよく見る"常連"の名前が幾人か。当初は2月にポーランドのルトスワフスキ・コンクールで優勝したキアーラ・エンデルレさんの名前もありましたが、今はなくなっているところをみるとパスされたのでしょうか。 審査員は、フィンランドのアルト・ノラス委員長のほか堤剛先生のお名前も。Pauloというのは基金を設立したフィンランドの実業家の名前のよう。 ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 他 Vivaldi : Cello Concertos / Jean-Guihen Queyras

26日と27日(現地時間)に行われる本選だけは現地放送局のサイトからストリーミング放送され、後からも聴けるようにするらしいです。

ところでこのコンクール、初めて知ったので過去の入賞者を見てみたら、1991年第1回の第5位入賞にジャン=ギアン・ケラスの名前があって、おおっと思いました。今は世界の誰もが認める名手のケラスも、各地のコンクールを股に掛けながら勉強していた時代だったんでしょうね。

4.27追記: 本選の演奏がここから見られるようになっていた。

関連記事

タグ : ジャン=ギアン・ケラス 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック