2013.03.16
Sat

ベートーベンのチェロソナタ2番

いま弾いていてレッスンで教わっているベートーベンのチェロソナタ第2番(Op.5-2)。デヴィッド・フィンケル氏の演奏で。ピアノは奥さんのウー・ハンさん。

05:15までがアダージョで、00:52からの旋律が美しい。続くアレグロでは06:09からのピアノとの掛け合いのところが、弾いていても好きなところ。手元の楽譜ではここまでが長い1楽章。

2楽章ロンド。楽しい旋律。チェロの見せ場は、02:36からの約1分間あたりか。

関連記事

タグ : デヴィッド・フィンケル 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック