2013.02.13
Wed

レッスン #223

1月に休講になっていた分の振り替え。前回から5日しか経っていないが、この3連休にあった「チェロの日」のご報告などする。

シュレーダー122番、長いスラーでの半音階。次回テンポを上げてもう一度。123番も見ておく。
初見弾き225番はモルデント、226番はトリル。

新しくベートーベンのソナタ2番(Op.5-2)を1楽章の繰り返し手前まで見てもらう。
太いフォルテが持続するように弓の使い方を計画する。高いポジションでのビブラートの振りを大きく。ひと振りでよいところもある。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメント

実は私もシュレーダリアンなんです。ウエルナー1巻を終えてからシュレーダー10番に移り、今は37番の重音です。
重音弾く時は精神が乱れるとうまく弾けなくて、精神統一というか禅をしている気分です。
チェロの日参加記のつづき、楽しみにしています。

2013/02/14 (Thu) 23:22 | 楽音 #- | URL | 編集

> 楽音さん
おおっ、シュレーダリアンでしたか(^_^)。そのあたりは1つ1つやりがいがありますよね。
重音シリーズ…精神統一が必要というの、お察しします(^^;)。お互いがんばりましょう。

2013/02/15 (Fri) 20:12 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック