2013.01.27
Sun

「チェロの日」練習会

土曜日、「チェロの日」に向けた練習会。あの雪の日以来、通算6回目の参加。

この日はじめて指揮・チェリストの山本祐ノ介さんが指導してくださる。祐ノ介さんはビシビシと、アマチュアだからといって甘いことは言わず容赦がないけれど、言葉と体をいっぱいに使った巧みな表現でぐいぐいと引っ張ってくれる。

個人的には、はじめてチェロアンサンブルに参加した2007年から、幸運なことに何度か祐ノ介さんに指導を受ける場があって、初めの頃は隠れるようにしてしか弾けなかったのが、その頃から比べれば少しは弾けるようになったところを見せたいというのが(もちろんいちいち覚えてくれてはいないと思うけど)じぶんにとってのチャレンジという思いもある。

祐ノ介さんの指揮で弾いて、また楽譜に書き込みが増えた。

また、参加者どうしで練習後よく話すのだが、ブラジル風バッハのような難曲、それも1番全曲を弾くようなチャンスは、プロなら定番のレパートリーとはいえアマチュアではなかなかないことで、その曲をこうしてプロの指導も受けて弾くことができるのは本当に貴重な機会だという気がする。その本番まで、もうあと2週間。

関連記事

タグ : チェロの日 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック