2013.01.15
(Tue)

伊達さん、17年ぶり全豪勝利→18年ぶり3回戦へ!

伊達さんが全豪1回戦で第12シードのペトロワに勝利!

テニスの全豪オープン第2日は15日、メルボルン・パークで男女シングルス1回戦が行われ、女子は42歳のクルム伊達公子(エステティックTBC)が第12シードのナディア・ペトロワ(ロシア)に6-2、6-0で快勝し、1996年以来17年ぶりに勝利を挙げた。
68年のオープン化以降、全豪女子シングルスでは85年に40歳で勝ったバージニア・ウェード(英国)の記録を更新し、最年長の勝者となった。四大大会のシングルスで初戦を突破したのは、2011年のウィンブルドン選手権以来2季ぶり。[時事 13.01.15]

17年前、1996年の全豪の記録を見ると、伊達さんは第5シードで、2回戦でその後解説でなじみの遠藤愛さんに敗退。この頃は日本女子の黄金期で、他にも杉山愛さん、沢松奈生子さんら9人が本選入り。この年の優勝がモニカ・セレス。

ちなみに伊達さんの全豪での最高は1994年のベスト4で、このときは優勝したシュテフィ・グラフに準決勝で3-6 3-6で敗退。もう片方の準決勝が、サバティーニ対サンチェス....。

こうして過去の記録に出てくる名前を見るだけで、今なお戦っている伊達さんのすごさを思い知らされる気がします。

17日追記:
伊達さん、2回戦でシャハール・ペールにも勝って3回戦へ!

伊達さんが全豪で3回戦に進んだのは1995年以来18年ぶりで、このときは3回戦で沢松奈生子さんに6-3 3-6 3-6で敗れている。

その沢松さんのこのツイートには笑った。

奇しくも18年前のきょう、この大会期間中に阪神淡路大震災があって、沢松さんは、実家が全壊の被害を受けるという事態(ご家族は無事)に遭いながら、この大会でキャリアハイのベスト8まで進んでいる。

19日追記:
このあと3回戦でセルビアのヨバノフスキ(21)に2-6 6-7で敗れ、ベスト16入りはならなかった。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック