2012.12.18
(Tue)

投票率

衆院選の投票率は、島根県でも戦後最低を記録したとのこと。

島根県選管のまとめによると、衆院選小選挙区の投票率は65・74%。2009年の前回より12・61ポイント下回り戦後最低となったものの、15回連続で全国トップは維持した。...[中国新聞 12.12.18]

島根といえば、かつては常に80%以上の投票率をマークしていたところ。当時、選挙権はなかったものの、なんとなく大人たちの雰囲気を見ていた。その島根においてすら「たった」65%で、なお全国トップと聞くと、今回の選挙についての他のどんなデータよりも、今の政治への不信、期待の薄さの証拠を見たような気がする。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック