2012.12.12
(Wed)

廃品利用のオーケストラ

南米パラグアイの首都アスンシオン近郊にゴミの埋め立て地に集まる廃品を再利用して作った楽器による子どもたちのオーケストラがあるそうです[TIME 12.12.11]。

この地区に住む約2500世帯の家庭の貧困と環境の問題は、従来からユニセフも問題にしていたほどだそう。いま、この地区の子供たちが音楽に取り組む姿を追ったドキュメンタリー映画をつくるプロジェクトが進行中とのことです。

オイル缶でつくったチェロの演奏、「音楽がなかったら私の人生、つまらない」という子どものことばには、ちょっと胸を衝かれます...

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック