2012.11.09
Fri

褒められると伸びる

「褒めて伸ばす」科学的に証明 [NHK 12.11.08]

「他人から褒められると運動技能の成績がよくなる」…そりゃそうだろうなあ、と思う結果ですが、科学的な実験で証明したところが面白いと思ったので。

....右利きの男女48人を対象に、左手を使ってキーボードで5桁の数字を30秒間にわたって、できるだけ多く何度も入力する運動技能の実験を行いました。 実験は12回行われ、実験の後、48人は「他人から褒められる」と、「他人が褒められるのを見る」、それに「自分の成績を見るだけ」の3つのグループに分けられたということです。 そして、翌日にも同じ実験を行うと、他人から褒められたグループは、入力回数の成績が20%よくなっていた一方、ほかの2つのグループは、いずれも14%程度の伸びにとどまっていたということです。

どんな褒められかただったのか知りたくて、原論文(英語)を読んで見たのですが、 「すばらしい成績です。参加者の中で一番でした!」というようなことを言うビデオが画面に流れるだけだったみたいです。 もちろんそれが予め録画され、決まって流れるビデオであることは参加者には知らされないまま…

それに、参加者は翌日同じ実験をするとは知らされていなかったのだそう。だから、褒められたからといってその夜、よけいに練習した可能性は小さく、純粋に褒められた効果といえそう。

それにしても「一番でした!」と言われていい気分になっていた人は今頃、なあんだ、とがっかりしていることでしょうね。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック