2012.10.20
(Sat)

今週の練習

オーケストラで3度めの定期演奏会まであと1ヶ月に迫る。ポスターも貼り出されるようになった。

練習もこれから追い込み。ここまで来ると気になってくるのは、細部もさることながら、3曲通して弾いたときのペース配分で、メインのチャイコフスキーの3,4楽章あたりに差し掛かったとき集中力が発揮できるかどうか。

***

レッスンでみてもらう曲は、メンデルスゾーンのソナタ2番4楽章とドボルザークの協奏曲2楽章を少しずつ。メンデルスゾーンは、4楽章の16分音符の粒をもっと揃えたい。

ドボルザークの2楽章は、中盤のパッセージが難しく(練習番号4)、ゆっくり練習してみてはいるものの、道のりは険しい。先月のようにドボルザークの譜読みをしてさえいれば楽しかった時期は過ぎて、時々「こんなことをしても何にもならないんじゃないか…」と思ったりもする。ただそのたびに、もともと何か「ためになること」をしようと思ってチェロを始めたのではないのを思い出して気を取り直す。

来年2月の第3回「チェロの日」(日本チェロ協会)に申し込んでいたところ、約50名ほどで弾くアンサンブルに参加できることになった。楽譜を見てみるのは、まだこれから。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック