2012.10.13
(Sat)

出雲の至宝展

今年は古事記編纂から1300年ということもあって、神話の国・島根県出雲の歴史や文化を紹介する企画展「出雲-聖地の至宝」が上野の東京国立博物館で10日から来月25日まで開かれているようです。

これ、なんといっても見ものは、出雲大社で12年前に発掘された巨大な柱で、千年前にこの柱で支えられていた本殿は、48メートルもの高さにそびえたっていたというのです。

先日、京都で展示されていたようですが、首都圏で展示されるのは初めて。私もまだ見たことがありませんでした。開催中にぜひ一度見に行って来ようと思います。興味がおありのかたはぜひ。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック