2012.08.01
Wed

「クヮルテットのたのしみ」増補改訂版が刊行

弦楽四重奏などの室内楽を楽しむアマチュアのための手引き書、「クヮルテットの楽しみ」(アカデミア・ミュージック)が新しく増補改訂されて刊行されるそうです。

ついに8月2日刊行!クヮルテットのたのしみ 改訂増補版 [アカデミア・ミュージック 12.07.30]

ツイッターでも→

この本のことはオーケストラの仲間とカルテットなども楽しむようになった頃に教えてもらい、読んでみたいと思っていたものの、 長らく絶版になっていたため少し苦労して探して読んだのでした。 →「クヮルテットのたのしみ」を読んだ [過去記事 10.09.18]

今回の増補改訂は、第二部の室内楽曲カタログの部分のよう。

室内楽を楽しんでいる人でまだこの本を手に取ったことがない人、いつか室内楽も楽しみたいなと思っている人にはおすすめ。

クヮルテットのたのしみ(改訂版) エルンスト ハイメラン (著)
[後日追記] アマゾンへのリンク

関連記事

タグ :   カルテット 

コメント

ああ、なつかしい、

この本、初版持ってます、この頃東京に住んでいて度々本郷三丁目のアカデミアに輸入楽譜をあさりに行ってました。子供の頃から弦楽四重奏にあこがれていたので、たまたま見つけて購入したのじゃないかと思います。久しぶりに書棚から取り出してみました、読む本と言うよりは辞書みたいな感じです。
Yoshiさんがお探しだった頃にこのブログを知っていればお貸しできたですね。
今、カルテットをやっているので改訂版がどのように変わっているのか、興味あります、買ってみようかな。
いつも、楽しい情報をありがとうございます。

2012/08/01 (Wed) 23:32 | そると #- | URL | 編集

見てみたい!

yoshiさん、こんにちは。
たまたま昨日、高校生娘の夏休みの宿題の参考に、と(モーツアルトの新聞を書く!)この本をめくっていたところでした。
改訂版もチェックしてみたいです、前半の笑えるエピソードのところは変わらないのかしら、でも後半の部分も、弾く機会がすしずつ増えるようになってからはよく利用するようになってきました。色々な曲を知るときの参考になったり、「ああ、このことか」とあとから理解したり。なかなかに面白いですよね。

2012/08/02 (Thu) 07:48 | ひみゆ #GShGn3aE | URL | 編集

Re: ああ、なつかしい、

> そるとさん
やっぱりお持ちでしたか。こういう本は貴重なので、何より再版されたことがよかったと思います。
アカデミアには僕もたまに足を運びます。あそこの楽譜棚の前で、あれこれ楽譜を見るのが楽しみなんですよね。

2012/08/03 (Fri) 10:02 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

Re: 見てみたい!

> ひみゆさん
こんにちは。娘さんの夏休みの宿題、大変ですね。テーマを絞ったほうが…ってよけいなお世話か(^^;)
この本、ひみゆさんにも教えてもらって読んだのでした。ありがとうございました。
僕も前半の、アマチュアだからこそ共感できる、ユーモアにまぶして書かれた部分が好きで、あそこは基本的に変わらないんじゃないかなと思うけど、どうなんでしょうね?

2012/08/03 (Fri) 10:04 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック