2012.06.13
Wed

YouTubeでソリスト募集→合格者なし

前に書いた、オーケストラの定期公演でコンチェルトを弾くソリストをYouTubeでオーディションするというユニークな企画をやっていたピッツバーグ交響楽団は11日、オンライン投票で選ばれた4人(ピアノ2人、バイオリンとチェロ各1名)の最終選考を行ったものの、「該当者なし」という結論に至ったそうです[発表文]。

ちょっと注目していたのに、なんだか拍子抜け…

どうやら定期公演のソリストをつとめてもらうほどのレベルではない、との判断だったらしいのですが、 じゃあそれほどのソリストが、YouTubeに演奏動画を投稿して応募してくれると本当に思っていたの? と、ちょっと首をかしげたくなるところではあります。とにかく初の試みだったんだから、やってみればよかったのに。

追記: チェロで選考に残っていたアンジェラさんというかたの演奏動画。相当なものだと思ったけどなあ…

追記18日: 案の定、オーケストラのブログには「宣伝のためだけだったのか」など厳しい批判のコメントがたくさん。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック