2012.06.04
Mon

ロンドン五輪開会式でオーケストラに「口パク」演奏依頼

いよいよ来月にまで迫ったロンドンオリンピックですが、開会式で演奏することになっているロンドン交響楽団は、 事前に録音した音楽に合わせてスタジアムで弾いた振り─つまり「口パク」─するよう依頼されていることが明らかになったそうです。

London Symphony Orchestra is told to mime at opening of Games [Daily Mail 12.06.02]

これに対し楽員らは、ライブ演奏でもないのに開会式に出ることに反発しており、音楽家組合から見直しを求められた開会式の芸術監督もライブ演奏を望んだものの、ロンドン五輪組織委員会が当日の天候の不確実性を理由に突っぱねたのだそうです。

なんだか似たような話が、前回の北京五輪の開会式のときも、オバマ大統領の就任式のときにもあった気がするのですが… 実際、どうするんでしょうか? London 2012 Olympic Games: The Official Book

なお、開会式に使う音楽は4月すでに録音されているのだそうで、まだ詳細は明かされてないものの、イギリスの作曲家エルガーのエニグマ変奏曲「ニムロッド」などが使われるらしいです。[後日一部加筆]

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック