2012.05.28
(Mon)

お茶会

日曜の午後、新妻聖子さんのファンクラブS-presso!のお茶会に出かける。 ほぼ半年毎にきっちり開催してくれて「11杯め」を数える今回は「原点回帰」がテーマとかで、聖子さんのデビュー前の秘蔵映像・音源を聴かせていただく。十代の聖子さんも確かにあの聖子さんだし、荒削りながらすでに何を歌ってもレベルが高いし、何より、ああこの人はずっと歌いたかったんだなということがよくわかるのだった。

それにしても、こうした記録を(ある程度クローズドな場とはいえ)聴かせてくれ、笑いに包んで話してくれるのは、それくらいの年月が経ったということかも。

年月といえば、個人的にも、新妻聖子さんに出会ってファンでいようと決めたのと、チェロを習い始めたのとはほぼ同時期で、 そのどちらもが今では自分のちょっと大切な部分になっているのは、その頃の自分が何か「開かれた」時期だったのかも…。年月が経ってみると、そんなことも思う。

ありがとう 新妻聖子 この日歌ってくれたのは、新しく出たCDから「ありがとう」「おかえり」の他、「ミス・サイゴン」から「命をあげよう」など。初めの2曲はどちらも結婚する女性目線の歌なので、ファンとしては「もしや、そういうメッセージ?」と勝手に勘繰ったりもしたのだが、そういうことではなかったみたい。

まもなく上演される新演出の「ミス・サイゴン」は、ストーリーや音楽はほとんどそのままらしいけど「別物」だと覚悟(期待)して行ったほうがいいみたいですよ。

関連記事

タグ : 新妻聖子 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック