2012.03.01
Thu

フィンガリング

そろそろオーケストラの曲にも本腰を入れなければいけない。チャイコフスキーの交響曲第5番の譜読みにとりかかる。

2年前にオーケストラに入って初めて知って戸惑ったことのひとつは、楽譜(パート譜)にフィンガリングを示す数字が書いていないことで、すべて自分で考えて(あるいは同じパートの上手な人から"盗んで")指を決めなければならない。

もちろん作曲家が各楽器のフィンガリングまで気にかけてくれているわけはないが、 同じクラシックの曲でもソロの楽譜なら、ちゃんと監修者や編者がいて指示を書き入れてくれていることが多い。有名な交響曲の出版された楽譜ともなれば、ある程度の指示は書いてあるものだと思っていた。それが、ない。

(ボウイングについては、オーケストラでそれぞれ、ある程度トップダウンに指示が出るので、それを書き入れて従うのはご存知の通り)

初めこのフィンガリングがわからなくて苦労したが、この2年、主にトレーナーのK先生に教えてもらったり、一緒に弾いて横目でのぞかせてもらったりするうちに、だんだんわかってきた。時間はかかるが、楽譜を読んで思いつくフィンガリングが、少しずつK先生のフィンガリングに似てきたのだ。

「開放弦を避ける」「移弦よりシフト優先」「できるだけ同じポジションで」.... 原則を明文化しようとしても例外が多すぎてうまくいかないが、それでもなんとなく「この場合にはこうだろう」というのがわかるようになってきた。 チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番

こうなると楽譜を読んで自分でフィンガリングを考える作業が"少しだけ"楽しくなってくる。

少しだけ、というのは、「フィンガリングが思い浮かぶ」ところから「その通りに弾ける」までにまだ相当の隔たりがあるからなのだが。

関連記事

タグ : オーケストラ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック