2012.01.10
Tue

自分の演奏を見る

年末の望年会でフォーレの子守歌を弾いたときの映像をもらって見た。自分の演奏の出来に甘い期待はしていなかったつもりだったが、それでも思っていたよりも出来が悪くて恥ずかしくなった。

多少の音程やリズムのミスは練習の末だいぶ減らしたほうだから良しとするとしても、 今回一番「許せない」のは──そしてこれは今度の発表会で一番気をつけようと思っていることだが── 出だしをこわごわと弾き始めているところ。ビブラートが足りないし、音も十分出ていない。

どうも「出だしは様子を見ながら」というテニス的なメンタリティが曲を弾くときにも出てしまうようだ。 テニスの試合なら前半の失点を後半に挽回することができるし、むしろ後半の重要なポイントでの集中力が大事になるが、曲の演奏では冒頭が聴いている人の印象を決めてしまうことが多い。通り過ぎてしまった小節は二度と挽回することができないのだ。 浅田真央スケーティング・ミュージック2011-12(DVD付)

演奏はスポーツでいうなら冒頭のジャンプに勝負を賭けるフィギュアスケートのメンタリティが近いのだろう。

2月の発表会では冒頭から高い集中力で演奏しようと思う。

関連記事

コメント

NoTitle

そうそう、フィギュアと演奏は似てますよね~。
私はフィギュアの試合を見るのが大好きなのですが、いつも重ねて見てしまいます。特に、リンクに降りてスタートするポジションに着くまでの緊張に引き締まった選手の表情が好きです。バンクーバーの高橋選手はスタート待機時手が震えてました・・・。そして、演技が終わった後の晴れ晴れとした表情。ああいうふうに自分も集中を高められ、最後に笑顔が出ればサイコーなんですけどねぇ。いつの日か・・・の目標です。

yoshiさんも2月の発表会では4回転―3回転のコンビネーションを決めるつもりでぜひ・・・!

2012/01/10 (Tue) 21:34 | まかべ #0ecWsDRU | URL | 編集

NoTitle

yoshiさん、おはようございます~
昨年11月に初体験したピアノトリオの発表会の録音、というのを密かにもらって、聞いてものすごくガッカリしたのが、やっぱり曲のスタートのところでした。
私はそれ以前にもっともっと基本的な問題(なにしろいつまでもノンビブというのは大問題笑)が多々色々沢山あるので、それだけ、というわけではもちろんありませんが、でも同じポイントほんとに感じました。
探り探り、とか、恐る恐る、とか、そういう気持ちが手にとるようにわかる出だしにほんとにガッカリ、今回リベンジする機会があったので、そこだけは、と思って頑張ってみました。
まだその録音を聴いてないので果たして修正できたかわかりませんが。。。
スタートは大事ですね、こころがけていきたいなぁとわたしも思います。

2012/01/11 (Wed) 07:39 | ひみゆ #GShGn3aE | URL | 編集

> まかべさん
僕もフィギュアスケートは好きでよく見ます。さいきん思うのは「回転が1つ少なくても評価される」ということもあるなら、そういうのもいいなあということなのですが、それはずっと高いレベルでの話なのですよね、きっと。

> ひみゆさん
もうほんと、探り探りスタートする様子を見たら、ビデオを消したくなりました(^^;)
リベンジの機会があって、その前にビデオを見られたのは結果としてすごくよかったんじゃないですか?僕もこの経験を、弾く曲は違いますが発表会に活かしたいです。

2012/01/11 (Wed) 20:32 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

素晴らしい!

録画を見て自己確認するのはとても良い練習方法です。と先生が以前言ってました。
フィギアスケートが好きな方多いみたいですね。私もその一人です。
浅田選手には頭が下がります。自分の滑りの完成度を高めるため1からやり直し、得点になる回転数を減らし、試合に臨み、自己と師を信じて貫き、完璧をめざしている姿。圧巻です。ははぁ~とひれ伏してます。笑
爪のあかでも煎じてチェロ錬に臨みたいと思います。

2012/01/12 (Thu) 16:20 | さくら #- | URL | 編集

Re: 素晴らしい!

> さくらさん
そう、録音録画すると"現実"を突きつけられますね~。
浅田選手が晴れ晴れとした笑顔になれるよう彼女にふさわしいご褒美をとらせてあげたいです。

2012/01/12 (Thu) 20:24 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック