善福寺手帳

ぜんぷくじてちょう

レッスン #196

[ 2011/12/16 Fri] チェロと音楽

今年最後のレッスン。スケール4オクターブ。シュレーダー106番後半は2ページ目中程の音程が定まらずもう一回。修飾音符も一定しない。

アルペジオーネソナタ1楽章。先生の前で弾くのは7月以来。繰り返しの前までで相談したのは第53小節。
arp1-53.jpg

ここをうまく弓が「飛ばせる」場所で、と。中弓より少し元、らしい。右親指を効かせて。レドをはっきりと。

48小節の上りのクレッシェンド。その前の難しいフレーズを弾きながらも少しずつ弓先に持っていっておくこと。

繰り返しを抜けた後半もスリルがいっぱいだが、きょうのところはよく弾けた。

全体を通して、冒頭1ページ目から音を出していくこと。「だんだん調子を出していくんじゃなくて」。でも、「サン=サーンス(の協奏曲)をやってから少し"グレードアップ"したんじゃないですか?」とうれしい言葉。「サン=サーンス以前」にうまく弾けなかったところはあいかわらずなのだが、「ここはこう弾きたい」と目指すものが前より意識できるようになった気がする(いや、なんとなく、ですけどね)。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する