2011.11.10
(Thu)

神在月

かがり火たいて神迎え “神在月”の出雲・稲佐の浜 島根 [産経 11.11.08]

今年も出雲は八百万の神が集まる「神在月(かみありづき)」。 これについては前にも心に引っ掛かっていたことを書いたことがあるけど、この記事を読んで今更初めて知ったことがあった。

全国の神々が出雲大社に逗留するのはわずか1週間。今年は5日から12日までなのだそう[神在祭 - 出雲大社ホームページ]。なんとなく1ヶ月ずっと滞在されるのだと思っていた!

出雲神話つながりでいうと、ことし話題の「なでしこ」の由来になった「大和撫子」は、ヤマタノオロチ伝説でスサノオに救われる稲田姫が父母のアシナヅチ・テナヅチに「撫でるように大切に育てられた娘」であることが語源だという話を今年はじめて知りました[Wikipedia]。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック