2011.10.10
Mon

チェロサロン

日本チェロ協会主催の「チェロサロン」に初めて参加してきました。今回は、堀了介先生の公開クリニックを受講できた上、後半はアンサンブル指導もしていただいて、会員は無料。

大勢のチェロ弾きが見守る中(今回は多いと聞いたけどそれでも40人ほど)、堀先生のような方の前でソロで弾くのはとても緊張すると思うけど、4人ほどの方が真剣に弾いた(おつかれさまでした)。 フランク・ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ 堀了介,仲道郁代

この方たちへの堀先生の指導が、たぶんどのレベルのアマチュアにもわかりやすくためになり、しかもおもしろい! 指導は、弓の配分や返し方など右手のことが中心。 これが、すぐに試してみられそうなほど具体的で、しかもそこを直すとなるほどいい演奏になる。これを堀先生は、いろいろな巨匠の奏法の実演やエピソードもまじえながら話してくださる。

そういえば堀先生は以前、サラサーテのインタビューで「最終的に音楽は右手で奏でるもの」と おっしゃっていて、それを念頭にきょうのクリニックを思い返すとなるほどと納得するのでした。

終了後は、お茶とお菓子をいただきながら、先生や出席者の方たちといろいろお話。2月にはまた「チェロの日」が企画されているそうです。

関連記事

コメント

いきなり弾くのですから。。。

とても緊張しました。何を言われたか、すぐにmemoしておけば良かったのですが、結構忘れています。自分のブログに書いておきますので、追加情報書き込んで下さい。お茶の時にお話したかったのですが、早くお帰りになられたようで。二月もまた参加しようと思います。クリニックは時間が短かった?アンサンブルももっと時間が欲しかった。いろいろあるのでしょうがねぇ。

Re: いきなり弾くのですから。。。

> cellokkoさん
おつかれさまでした!みなさん緊張なさっていたように思いますが、おかげで聴いているわたしたちにもとても有益なクリニックでした。ありがとうございました。
あそこまで準備されて来られたんだから、みなさんもう少し長く堀先生に指導して頂きたかっただろうな…とはちょっと思いましたけど。聴いている側からは、ポイントを絞ったわかりやすい内容でした。メモもしていましたので、そちらのブログに付け足させていただきます。

2011/10/11 (Tue) 22:40 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

お疲れさまでした

伴奏なし、ですからかなりの緊張でした。
>どのレベルのアマチュアにも、、、、
なら、良かったです。私のケースは、入り口の問題で、当たり前すぎたのでは?と思っておりました。

アンサンブルは楽しかったですね。楽しくて分かりやすい指導で、ぐいぐい引込まれました。また、機会があったら弾きたい曲でした。

2011/10/12 (Wed) 10:01 | feli #195Lvy4Y | URL | 編集

Re: お疲れさまでした

> feliさん
feliさんも演奏おつかれさまでした!あの緊張する中でfeliさんはすごくしっかり弾いていましたよ。feliさんへの堀先生のアドバイスは藤原真理さんの奏法にまで話がふくらんでましたね。
伴奏、あったほうが弾きやすいだろうになあと、自分が同じ立場になった場合のことを考えました(いや、考えてないけど)。
アンサンブル、今度集まったときに弾けそうですね。

2011/10/12 (Wed) 20:43 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック