2011.05.10
(Tue)

フィンケル氏のCello Talk動画シリーズが100本で完結

エマーソン弦楽四重奏団のチェリスト、デヴィッド・フィンケル氏が一昨年からインターネット上にアップし続けていたチェロのレッスン動画シリーズ"Cello Talk"がこのほどついに100本に達し、これで一応の完結となるそうです。

旅先のホテルで、自宅の練習部屋で、街角で、それぞれ数分ずつの「自分録り」動画ですが、 チェロの演奏テクニックや道具のことから音楽家としての心構えまで、氏の経験と知識を惜しまず公開してくれていることに敬服します。

この動画シリーズは、フィンケル氏のブログYouTubeのチャンネル以外にも専用のサイトcellotalks.comからも見ることができます。

100本目は、なんと音楽ホールを独占してフレンチ駒とベルギー駒、3種類の弦(ヤーガー、スピロコア、ラーセン)の弾き比べ。ボストン、ニューイングランド音楽院のジョーダンホールという有名なホールだそう。

関連記事

タグ : デヴィッド・フィンケル 

コメント

David Finckel

彼のシリーズは本当にすばらしいですね。何回見ても学ぶことがたくさんあります。

彼と奥さんのWu HanのBeethovenのCello Sonata op. 102, no. 2 のビデオをご覧になりました?

https://www.youtube.com/watch?v=xFSXFHCyD8Q&feature=player_embedded

2011/06/04 (Sat) 11:49 | wasac #- | URL | 編集

Re: David Finckel

> wasacさん

あ、ほんとだ!シリーズが終わってさびしく思っていましたが、新しい演奏動画が投稿されてますね。
とても楽しそうな演奏ですね。ありがとうございます!

2011/06/04 (Sat) 17:32 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック