2010.08.16
(Mon)

ビデオ

この週末、自分がチェロを演奏するビデオをたてつづけに見た。
ひとつは、先週、ドボルザーク「アメリカ」を弾いたときのもの。もうひとつは先月の発表会でベートーベンのソナタ3番を弾いたときのもの。

自分が演奏する姿を映像で見るのは初めてではないが、これまでのように「恥ずかしさで叫びだしたくなる」ほどのことはなく、比較的冷静に見ることができた。練習段階で何度か録音してみているので、少なくとも「音」についてはだいたいの予想がついたからだと思う。

映像で見ると、演奏態度は、なかなか落ち着いて見えた(内心ドキドキだったのに)。
速いパッセージのところはほとんど弾けているように見える。
弾き終わってホッとして笑ったところなんか、いいやつのように見える。
がんばったじゃないか。

いっぽう自分のイメージと違っていて、おや、と思ったのは自分としては相当がんばってダイナミックに、体も揺らして、弓も大きく使って、ガーッと弾いていたつもりのところが、映像で見るとそれほど「ダイナミック」でもなかったところ。
出ている「音」とは別に、弾いている「形」が、どこか「余力」を残しているように見えた。
弓がもっと動いてもよさそうな気がする。体がもっと楽器に乗ってもいいような気がする。

DVDにはもう1本、2年前ベートーベンのソナタの1楽章を弾いたときの映像も入っていたが、こちらはついに恥ずかしくて見ることができなかった。

関連記事

コメント

素晴らしいです!

速いパッセージ苦手なので(もはやチェロを弾く資格なし…)先日もすごいなーと思いながら拝見していました。

ダイナミクスは自分が思っているより何倍も極端にやってどうにか伝わるか、ってところがありますよね。
でも民生機での録画だときっと薄っぺらいのよとなぐさめてみたり。
その分見た目のダイナミクス?は伸ばせそうですね。

今後もご活躍ください!

2010/08/17 (Tue) 21:33 | うさ #- | URL | 編集

ダイナミクス

> うささん
こんにちは。速いパッセージって心理的には負担だしじっさい練習にも時間をかけましたけど、そのわりに伴奏の音にまぎれるし、見た目なんとかなってしまうものだな、という感じです。それよりも強いところは強く、しっかり弾いているかのほうが大事なのかな、と。

> 自分が思っているより何倍も極端にやってどうにか伝わるか
ほんと、そうですね。意識してやってみよう…

2010/08/17 (Tue) 22:46 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

熱い演奏

先日の演奏、私もまた拝見したいくらいです。素敵でしたね。
ピアニストさんと握手する場面も映ってるかな?よしさん、熱いな~!って感動しましたよ。
よしさんは髪振り乱して、みたいな演奏態度がお好きなんでしょうか。

2010/08/18 (Wed) 16:34 | あい #2DdjN05. | URL | 編集

Re: 熱い演奏

> あいさん
ありがとう♪先日の発表会は、そんなふうに僕のことを理解してくれる人に囲まれて演奏できたので幸せでした。でも時間をおいて自分でビデオを見ると、けっこうクールに見てしまうんですよね。
「髪振り乱して」みたいな演奏したいですね~髪のあるうちに…なーんて。

2010/08/18 (Wed) 22:06 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック