2010.02.25
(Thu)

トルルス・モルクの近況

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)モルク(トゥルルス)

去年4月、来日中に病気で公演中止になったノルウェーのチェリスト、トルルス・モルク(48) の近況を気づかう書き込みがICSの掲示板にあったので知ったのですが、どうやら病状は深刻で、現在演奏活動が行えない状況のようです。

In April 2009, Mørk experienced an infection of the central nervous system, presumably caused by a tick bite he received in the United States in 2006, with subsequent encephalitis, and paralysis in the shoulder muscles of the left arm. In the autumn of 2009 he expressed concern that he might never be able to perform again. [Wikipedia]

(2009年4月、モルクは2006年アメリカでダニに刺されたことによるとみられる中枢神経系の感染症とそれに続く脳炎と左肩筋肉の麻痺を患った。 2009年秋には、二度と演奏できなくなるかも知れないとの懸念を表明している。)

参照先: Truls Mørk klarer ikke spille lenger[09.11.07 Dagbladet.no ノルウェー語]

専門的なことはわかりませんが、こんな病気があるんですね…

おととし2008年6月の来日のときにも病気を理由に公演中止になりましたが、その後一時回復していたようす

現在、公式サイトではスケジュール情報のページもなくなっています。 しかし、まだ
今年9月のミネソタ管弦楽団の公演(新作チェロ協奏曲の初演)、
10月15日のロンドンフィルの公演(エルガーのチェロ協奏曲)、
2011年1月26日と27日のオスロフィルの公演(ドボルザークのチェロ協奏曲)、
2011年6月3日と4日のミルウォーキー交響楽団の公演(エルガーのチェロ協奏曲)
には彼の名前が入っていたりしますから、今後経過を見て決めるのでしょう。
[追記10年7月: ミネソタの公演予定からモルクの名前が消え、いつの間にか団員チェリストに替わっていた。]
[追記10年10月: ロンドンフィルの公演のチェリストは、アルバン・ゲルハルトに変更。]
[追記11年6月:ミルウォーキー交響楽団の公演のチェリストは、Xavier Phillipsに変更。変更理由はモルクの病気とあった。]

48歳の世界的チェリストにとって演奏できないことはどれだけつらいことでしょう…一日も早い回復を祈らずにはいられません。

関連記事

タグ : トルルス・モルク 

コメント

NoTitle

基準がなんでも「わんこ」なんですが。
わんこさんたちも、ダニによる感染症で
死亡することは、多々あることなんですよ~。
少しでもよくなるといいですね・・・。(願)

2010/02/25 (Thu) 22:42 | いた #O.IV57GY | URL | 編集

なんと!

病気だということは聞いていましたが、まさかダニから来た病気で演奏できなくなるとは・・・
昨年はじめて存在を知って、これは一度は生で聞いてみたい!と思っていたところでした。いちファンとしてはただただ回復を祈るところです。

ダニ媒介

> いたさん
あー、あるんですか、わんこの場合。

> ククーロさん
ねえ、「よりによって」ってかんじですよねえ。

2010/02/26 (Fri) 21:52 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

NoTitle

「ツツガムシ病は、ツツガムシリケッチアの感染によって引き起こされる、人獣共通感染症のひとつであり、野ネズミなどに寄生するダニの一群であるツツガムシが媒介する。日本紅斑熱と症状が酷似している。刺された覚えのない発病者も多く、症状の初期はインフルエンザ様を示す事もあり、医師がリケッチア感染症を疑い早期に確定診断することが重要になる。

正体不明の虫さされのあとに発症する原因不明の致死的な病気があり、それは「恙虫」(つつがむし)という妖怪に刺されて発症すると信じられていた。これをツツガムシ病と呼んだ訳だが、後に微細なダニの一種に媒介される感染症であることが判明し、そこからこのダニをツツガムシと命名したものである。

wikipediaより

ダニといえばこういうのもありますね。
怖いですね。

2010/02/28 (Sun) 01:34 | ダンベルドア #- | URL | 編集

ダニ

> ダンベルドアさん
ああ、たしかにツツガムシ病というのなら聞きますね。

元のノルウェーの記事を翻訳をかけながら読んでみたら、パルボウィルスB19による病気とありました。
いずれにしてもわかっていないことが多くて怖いですね。

2010/02/28 (Sun) 10:44 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

トルルス・モルクが復帰

おととし4月来日中に病気で公演中止になってから病気療養中だったノルウェーのチェロ奏者、トルルス・モルク(49)が、26日オスロフィルハーモニーの公演でドボルザークのチェロ協奏曲を演奏し、約2年ぶりの復帰...

2011.01.27 (Thu) 22:18 | 善福寺手帳