2016.11.24
(Thu)

「らららクラシック」に映る

19日土曜日放送のNHK Eテレ「らららクラシック」でこのブログが少しだけ登場しました。 見ていた友だちからすぐにメッセージをもらってびっくりしました。この日の放送は、チェロでなくビオラに注目した「ビオラ特集」。

再放送を見てみたところ、番組HPにあるこの日の放送内容の流れに沿って、ビオラを「人間の声に近い楽器」と紹介。 しかし(と画面に字幕が大写し)、巷には同じように“人間の声に近い”と言われる楽器が多い…というナレーションのバックに、インターネットの検索結果のような画面、その真ん中に「善福寺手帳」が!
161124-1.jpg 161124-2.jpg

「人の声に近い楽器」とかで検索してみた画面、ということでしょうか?…自分でやってみてもこんな検索順上位では出てこないので、番組スタッフが編集した画面じゃないかと思います。

記事は、チェロの魅力が「人の声に近い」ことだとよく言われるけど本当にそうだろうか?…と考えたときに書いた記事でした。
チェロの音は人の声に近い? [過去記事 2009.05.13]

「巷の声」の代表の一つに選んでいただいて光栄です!

この画面が映ることについてNHKからは何も連絡がなかったのですが、そのことはまあいいでしょう。 番組では、ブログそのものでなくGoogleか何かの検索画面だから構わない(これはどんな場合でも当てはまるかは微妙じゃないかと思いますけど)という判断だったのでしょうし、このブログも引用・言及・リンクなどは、出典さえ明示してくれれば、特に事前に連絡くださらなくても構わないつもりでいるので。

でも、テレビに映るんだったら、一言「映りますよ」と知らせてくれたら、よりうれしかったな…というくらいでしょうか。

***

番組ではこのあと音域が近いビオラ、トロンボーン、アルトサックスの音を、声紋鑑定などでよく見る画面で分析比較。他の2つと比べてビオラは倍音成分の出方が人の声に近い…というのが、興味深かったです。

「そこでなぜチェロの音も分析比較しない!」とツッコむのは、せっかくふだん目立たないビオラに光を当てた番組の趣旨からすれば、本質的なことではないかも。

2013.12.30
(Mon)

ブログ、この一年

今年の記事でアクセスが多かった記事は:

の二つ。他のサイトからリンクされたりしたこともあって。

「いいね!」がたくさん押された記事は:

今年の出来事:

事件も:

また今年、オーケストラのフラッシュモブがますます盛ん、また巧みに、大がかりに行われるようになってきた。

*****

こういう記事は、自分が面白いと思ったことを同じように面白いと思ってくれる人のことをなんとなく思い浮かべながら、その人に話すつもりで、ただし書く以上はちょっと調べて、自分独自の見かたも加えて書き留めるようにしているつもり。もちろんこれは「原則」で、いつも一貫しているわけではないけれど。

来年もあまり原則にこだわらずに思うまま書き留めると思います。

2011.07.03
(Sun)

「ツイートする」ボタンと「いいね」ボタン

ブログの各記事に、Twitterの「ツイートする」ボタンとFacebookの「いいね」ボタンをつけてみました。

少し前にしるくらさんがコメントしてくださったことがきっかけで思いつきました。どれくらい使われるかわかりませんが、ちょっと試してみることにします。

2009.07.17
(Fri)

チェロ事件簿

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)

ユーザータグに新しく「チェロ事件簿」というタグを追加してみました。チェロを中心に楽器の盗難・破損・忘れ物・ハプニングなどを見聞きした過去記事にタグをつけましたのでおひまなときにでもご笑覧ください。

このユーザータグをつけた記事は「新しい順」に表示されるように設定してあるんですが、ときどき「古い順」に表示されることがあってどうしたものかと.....ま、そういうこともあるとご承知おきください。

タグ : チェロ事件簿 

2009.02.11
(Wed)

母にブログを読まれる

ふだんこのブログは、凡そどなたに読まれても恥じることのないように努めてきたつもりだけど、まさか母に読まれるとは想定していなかった。

「これはあんたか」
幼なじみの“ピピ”ちゃんが─小さい頃なぜかそう呼んでいたが、いまは3人の母親だそうである─何かの偶然でこのブログを見つけ、プリントしてくれたのだそうだ。母は電話の向こうでその紙を持っている。

その手があったか。

「あんたはこういうのがすきだから」。こういうの、を八十を過ぎた母がどう理解したのかはよくわからない。
これからも、いつかどなたかの役に立ったり笑いの種になったりするといいなあ、というくらいのつもりで書きます。

2007.03.29
(Thu)

コメントの編集

コメントの編集(Edit)機能についてお問い合わせがありましたので、業務連絡。

コメントを書くときに Pass を設定しておくと、あとで編集したいときにその Pass を入力すれば編集したり削除したりすることができます。Passを設定していないと編集・削除はできません。

しかし、この機能、あまり便利じゃないですね…。コメントを修正したいときは、多重投稿になってもいいので修正したコメントを追加しておいてください。あとで適当に古いほうを削除します。

2005.03.23
(Wed)

筆者とこのブログについて

吉岡明彦といいます。1958年(昭和33年)生まれ、ふつうの中年サラリーマンです。妻と息子と娘が1人ずつ。東京に住んで長くなりますが、生まれは島根県松江市、18のときまで松江で育ちました。

ここでは、私が見たり聞いたり、知っていたり経験したことで面白いと思ったことをあれこれと書き留めています。お立ち寄りくださった方が、へえ、と感心したり、くすっと笑ったりして下さる記事があれば、それで私は満足です。

ただし、私の仕事や会社に関わることは、微妙なのでやめておきます。

ここで書く事は、筆者の関心のまま、あちこちに飛びますが、分野ごとにカテゴリー分けをしています。

チェロと音楽
 2003年11月、45歳のときに突然思い立って、チェロを個人レッスンで習い始めました。音楽歴は、子どものとき少年合唱団のボーイソプラノで歌っていたのと中学の器楽部でチューバを吹いていたくらい。その後、長いこと音楽とは縁遠い生活でした。チェロを習ううちに、初めできなかったことが少しずつできるようになり、知らなかった世界が開ける道のりが楽しくなり、生活の中でだんだん大きな部分を占めるようになってきました。今でも同じ先生にずっと習い続けています。

テニス
 テニス歴四十余年。高校時代は県大会に単複団体に優勝しインターハイ出場など。若い頃は選手あるいはコーチなどテニス界を支える人生を夢見たこともあります。今はもっぱら週末に楽しんでいます。もちろん同じ島根県松江市出身の錦織圭選手のことを応援しています。

ふるさと
 故郷島根つながりのお話。

ことば
 日本語や外国語、語源といったこと。ことばが生まれ、形を変える歴史には生き物を見るような面白さがあると思います。

ステージ
 ミュージカル、演劇、映画などの話。とくにミュージカル「ミス・サイゴン」で一目ぼれした歌手・女優の新妻聖子さんを個人的に応援しています。2004年新妻聖子さんのファンクラブ結成にあたり、S-presso!という名称を応募して選ばれた、まあ、いわばファンクラブの名づけ親でもあります。

変なもの
 ブログを書くネタをさがしていたりしたとき見つけた「変なもの」、マジメなんだけどどこかおかしいものなどを、別のカテゴリーにまとめることにしました。おひまつぶしにどうぞ。

雑記
 文字通り、雑記です。

外環青梅街道IC問題
 2003年6月、長年住んでいる善福寺(東京都杉並区)に東京外郭環状道路の青梅街道インターチェンジが計画されているらしい、という話を初めて聞きました。近所のことなのになかなか情報が伝わってこない、世界のことはこれだけインターネットでわかる時代になったというのに....と、そんな思いで住民のひとりとしてこの問題に注目しました。記事はその記録です。

筆者とこのblogについて
 私自身、あるいはこのブログについて、見る方にお知らせしておく内容。

初めにこうして書き始めたのは2003年6月頃と記憶していますが、初期の記事は部分的にしか残っておらず、きちんと残っているのは2006年11月頃からの記録になります。

なお、ここに記された文、写真など一切のものの著作権は特に記載のない限り私にあるものとしますが、本ブログへのリンク・引用・言及は、大いに歓迎します。

本ブログから外部サイトへのリンクは、情報源としてその記事を書いた時点で信頼できそうなサイトへリンクするようつとめていますが、リンク先についての責任は負いかねます。報道サイトなどのリンク先は、情報が消失(リンク切れ)している場合があります。

記事中、amazon.co.jpへのリンクのついた本やCD等の商品イメージを許しを得て使わせてもらっています。本文と商品とは直接関係ないこともあります。クリックするとamazon.co.jpの商品メニューが開き、あなたが興味を持って購入すれば僅かな歩合で私にお小遣いが入りますが、それはべつに私の目的とするところではありません。

何か不明なことがあれば akihiko.yoshioka1958(at mark)gmail.comまでメールください。※2015.05.27変更
もし良かったら今後もお付き合いくだされば幸いです。どうぞよろしく。