2017.04.07
Fri

米ペプシのCMが「炎上」で中止

アメリカで今週公開されたペプシコーラのCMが、ツイッターなどで批判が殺到して問題になったのだそう[ロイター, NYTimes]。

CMは有名モデルのケンダル・ジェンナーが、抗議デモを目にして、みずから列に加わり、警備の警官にペプシを手渡すと、警官とデモ参加者の双方が笑顔になる…という内容。

警官の黒人への暴力に対する抗議活動など、社会的な抗議活動が現実のものとして行われている現在のアメリカで、このような内容を軽々しく(かどうかはともかく)商品の広告に利用することには強い反発があったのだと思います。

このCM、米ペプシはすでに謝罪して公開中止にしたようですが、ケンダル・ジェンナーのYouTubeチャンネルではまだ見ることができました。 このCMでケンダル・ジェンナーがデモに加わるきっかけになる、最初に目が合う人物が、デモの列をなぜかチェロケースを背負って歩くアジア系の若者なんですよね…(1:34ごろ)。 よく似た色のチェロケースを背負っている者として、ちょっと胸が痛みました。
pepsi-jenner.jpg

タグ : CMのチェロ 

2017.01.08
Sun

溝口肇さん音楽のCM

溝口肇さんのチェロが流れるCM。

これ、新年の駅伝中継で見たときには「世界の車窓から」のスポットか何かだと思って、何かのCMだとは思いもしませんでした (きっと視聴者にそう思わせるCMは「いいCM」なのでしょう)。

一緒に公開されていた溝口さんのインタビュー動画を見ると、さすが音楽にもこだわって作られたことがわかります。曲はガーシュインの"Someone to Watch Over Me"、このアレンジにはチェロが溝口さん以外に6人も参加しているそうです。そのお一人、玉川克さんのツイートでこの動画を知りました。


タグ : CMのチェロ 

2016.10.18
Tue

パンのCM

いつもの練習に向かう道を歩いていると、深津絵里さんがやっているサンドイッチ屋さんが…

このパスコのCMシリーズで深津絵里さんは、海沿いの小さな町でサンドイッチ屋さんをずっとひとりで営んでいたはず。キッチンカーで出張しているあいだ、お店はどうしているのか?もしかしたらお店番をしてくれるパートナーを見つけたのか?…気になります。

タグ : CMのチェロ 

2016.09.17
Sat

ブルボンの新CMにバッハ

お菓子のブルボンの桐谷美玲さんが登場する新しいCMで、バッハの無伴奏チェロ組曲6番プレリュードが…

演奏は、チェリストの玉川克さんだそう。ご本人のツイートで知りました。

この15秒の短いCMでもハッとさせられますが、もう少し長く演奏を聴くには、1分間のメイキング映像で。

タグ : CMのチェロ 

2016.07.07
Thu

イラッとくるチェリストのCM

イギリスのGoCompareという価格比較サイトの企業のCM。 オーケストラ・ピットで演奏中のチェリスト「ガス代が高くて困ったらGoCompareで調べるといいわよ!」…

この企業は、変な髭のオペラ歌手が歌い出すのと"Fantastic!"が決め台詞(?)のCMをたくさんのパターンで流しており、イギリスでは「最もイラッとくるCMシリーズ」に選ばれたりしているそうです。このチェリスト編は今年3月から流れているもの。

イギリスでは電力・ガスの自由化が進んでいるので、こうした価格比較サイトの出番もあるんですね。

でも、演奏中の私語は禁止!

タグ : CMのチェロ 

2015.05.14
Thu

CMのチェロとドラマのチェロ

ふと思い立って、これまでの記事でCMや広告に登場するチェロやチェリストについての話題に「CMのチェロ」というタグをつけてみました。

きっかけになったのは、チェリスト溝口肇さんのYouTubeチャンネルにアップされた古いCMの動画。

このCMが流れていた頃は、自分がチェロを弾くようになるなんて全く思っていませんでしたが、 記憶には残っていて、チェロを弾くようになるまではイメージの中のチェリストの代表は溝口肇さんだった気がします。

***

もうひとつ、小説や映画やテレビドラマなど物語作品に登場するチェロやチェリストについては「ドラマのチェロ」というタグをつけてみました。

こちらのきっかけは、11日に初日の幕を開けた舞台「夜想曲集」(天王洲銀河劇場)で チェリストの役を演じる東出昌大さんのチェロを構える姿が、最終稽古の写真[日刊スポーツ] を見る限りなかなかさまになっていて、この舞台のためだけにずいぶん努力されたんだろうな…と思ったこと。

近年では本木雅弘さんの「おくりびと」、古くはヘップバーンの「昼下りの情事」などなど。本の世界では、もちろん「セロ弾きのゴーシュ」。

こうしたCMや物語の数々は、世間がチェロやチェリストに対して抱くイメージを「反映している」とも言えるし、 また逆に、世間のチェロやチェリストに対するイメージを「作り上げている」とも言える気がします。

もちろん古今東西全て網羅することはできないし、するつもりもないし、一つ一つを掘り下げているわけでもありませんが、「そういえばこんなのもあったな」と思い出すきっかけにでもなれば面白い(…かも知れない)と思った次第です。

(でも、こうしてみると「ヨーヨー・マがリベルタンゴを弾いたCM」と「古川展生さんのピースライトのCM」の2つが思い出せないのがくやしい…)

何かのお暇つぶしにもどうぞ。

タグ : CMのチェロ  ドラマのチェロ 

2015.02.13
Fri

レクサスのCMその2

レクサスのCMといえば、これは昨年秋オーストラリアでの1分間CM。

これに対して「クラシック音楽を侮辱している」と怒りの公開書簡を書いたメルボルンのチェリストがいましたが、 その後あまり“炎上”せず、企業側も何か対応したようすがないのは、多くの人が、この程度はユーモアの範囲内だと思ったということでしょう。

タグ : CMのチェロ 

2014.09.17
Wed

現代版「セロ弾きのゴーシュ」的CM

キャノンの新しいカメラのCM動画。チェロが出てきて、曲はCMによく使われるバッハのプレリュード…

本格派向けのカメラらしく、この動画もなかなか芸術的じゃないか…と思って見ていたら、これ、現代版の「セロ弾きのゴーシュ」ですね!

セロ弾きのゴーシュ (角川文庫) 宮沢 賢治 末尾のクレジットによると、チェロ演奏は広島交響楽団首席のマーティン・スタンツェライトさん[HP]。

タグ : CMのチェロ  ドラマのチェロ 

»