2017.10.29
(Sun)

ジャクリーヌ・デュプレのドボコン発掘映像

夭折したジャクリーヌ・デュプレ(1945-1987)の没後30年に、没後これまで人の目に触れることがなかったドボルザークのチェロ協奏曲の演奏映像が「再発見」され、この22日、BBCで放映されたのだそう。1968年9月、ロンドンのロイヤル・アルバートホールでの演奏で、ダニエル・バレンボイム指揮のロンドン交響楽団。イギリスではBBCのサイトから視聴できますが、下の映像はBBC公式のものではないので、いつまで残っているかは不明。

これを見るとあらためてデュプレの演奏のダイナミックさが伝わってきます。3楽章冒頭では弦を切るハプニングも(29分過ぎ。32分過ぎから再開)。デュプレ、23歳のとき。

このコンサートは、この直前、「プラハの春」を受けてソ連軍がチェコスロバキアに侵攻したことに抗議して「(ドボルザークの母国)チェコスロバキアの人民に捧げる」とされたものだったそうです。演奏後に民族衣装の子どもたちが花束贈呈するシーンが映っているのは、そうした背景によるものと察せられます。

これは歴史の皮肉だと思うのですが、この1ヶ月前の1968年8月、あのロストロポーヴィチ(当時41)が、同じロイヤル・アルバートホールで同じドボルザークのチェロ協奏曲を、ソビエト国立交響楽団と弾いていて、このときはソビエトのチェコ侵攻への激しい批判から公演を中止すべきだとの声もあったものの、結局予定通り行われたのだそう(このときのアンコールにロストロポーヴィチはバッハの無伴奏組曲2番サラバンドを弾き、その頬には涙が流れていたというも)。ロストロポーヴィチがソ連で「反体制」とみなされ、ついには亡命してしまうのはこの少しあと、1970年代に入ってからのこと。

タグ : ロストロポーヴィチ  ジャクリーヌ・デュプレ 

2017.03.27
(Mon)

ロストロポーヴィチ生誕90年

CELLIST OF THE CENTURY

この3月27日は、偉大なチェリスト、ロストロポーヴィチ(1927-2007)が存命なら90歳の誕生日。 また、命日が2007年4月27日ということで、1ヶ月後が没後10年ということになるらしいですね。

これを記念して、ロストロポーヴィチの録音を集めたボックスセットも発売されているようで、 こちらのワーナーのは「世紀のチェリスト」と題して、ロストロポーヴィチの主な名演をおさめたCD40枚とDVDも3枚ついた43枚組で、1万4千円ちょっと。主な有名曲の演奏がほとんど入っている上に、バッハの組曲全曲はCDとDVDの両方に。ボックスセットというものはそのターゲットのひとつが「ギフト用」らしいですが、もらうのならこちらですね…。
COMPLETE RECORDINGS -LTD-

こちらの独グラモフォンのは、CD37枚組で1万円を切るお値段。 24枚がチェロ奏者としての録音ですが、11枚は指揮者として、2枚はピアニストとしての録音。 バッハの組曲が入っていませんが、ブリテンがロストロポーヴィチのために書いた無伴奏組曲、ソナタ、チェロ交響曲のほか、 (上のワーナーには入っていない)ブリテンのピアノとの共演によるアルペジオーネ・ソナタが入っているところが特徴。

なお、フランスのインターネットラジオ局、France Musiqueでは3月27日の朝7時から夜11時まで(日本時間27日15時から28日朝7時まで)一日中、 ロストロポーヴィチを特集する放送をするらしいです。→France Musique devoile sa webradio 100% Rostropovitch[France Musique 17.03.20]

タグ : ロストロポーヴィチ 

2017.02.23
(Thu)

アンドレイ・イオニーツァのプロコフィエフ「交響的協奏曲」@オペラシティ

23日、ミハイル・プレトニョフ指揮東京フィルハーモニー交響楽団の定期公演で、 2015年チャイコフスキー・コンクール1位のアンドレイ・イオニーツァのチェロでプロコフィエフ「交響的協奏曲」を聴いた。 この日はこの曲を挟んでストラヴィンスキーのロシア風スケルツォとバレエ組曲「火の鳥」というプログラム[公演詳細]。

「交響的協奏曲」はプロコフィエフ(1891-1953)の晩年、当時二十歳そこそこだったロストロポーヴィチが協力して書かれた曲。 ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番/プロコフィエフ:交響的協奏曲
ロストロポーヴィチ(ムスティスラフ)

最近の米Stringsの記事によると、それまでのチェロ協奏曲にインスピレーションを感じないというプロコフィエフにロストロポーヴィチは、ポッパーの教本「チェロ演奏の高等課程への練習曲」を渡したのだそう。プロコフィエフは作曲家としてこの本からどんなことを読み取ったのか…

ロストロポーヴィチはこの後、ショスタコーヴィチブリテンなど二十世紀の名だたる作曲家と交流し、次々とチェロ協奏曲を書かせていて、チェロのレパートリーをそれまでの倍に増やしたとも。

アンドレイ・イオニーツァは1994年ルーマニアの生まれでまだ今年23歳。一昨年のチャイコフスキー・コンクールで、ロストロポーヴィチがショスタコーヴィチのチェロ協奏曲1番を初演した歴史のある同じ場所で同じ曲を弾いて堂々1位になった人[過去記事]。そんなことからも「若き日のロストロポーヴィチ」という目で見たくなってしまう。なお、このときのファイナルに進んだ6人中2人がプロコフィエフ「交響的協奏曲」を弾いているから、このまだ決して親しみやすいとは言えない曲が、世界のトップチェリストの定番レパートリーの1つになる日も近いのかも知れない。※後日加筆。

イオニーツァの演奏は、力強く剛直なものを予想していたら意外と端整な印象。 この曲を生で聴くのは初めてだし、大編成のオケやホール、こちらの席との関係もあるかも知れないけど、 もう少しチェロの音量が聴こえてきてもいいように感じた。2楽章に出てくる抒情的な旋律は美しかった。 もともと何でも弾きこなせるすごいチェリストであることには間違いがない。

イオニーツァのアンコールは、一転して静かなバッハ無伴奏組曲3番サラバンド。 それでもやまない拍手に今度はプロコフィエフ「子供のための音楽」Op.65から「マーチ」をチェロ独奏で(これはピアティゴルスキー編の楽譜があるはず)。

アンコールはこの2曲だったけど、座った席からは舞台袖の、まだもう少し拍手が続くようなら戻ろうかという彼の姿が見えたので、もしかしたらまだもう1曲アンコールの用意があったのかも。

タグ : ロストロポーヴィチ 

2015.03.17
(Tue)

デュポールとナポレオン

最近弾いている「21の練習曲」のジャン=ルイ・デュポール(Jean-Louis Duport,1749-1819)は、 後に彼の名を取って“デュポール”と呼ばれるストラディバリウスのチェロを弾いていて、 そのチェロにまつわるナポレオン(1769-1821)とのエピソードが有名なのだそうです。

....彼[デュポール]は音楽院の教授に任命され、皇帝のソロ・チェリスト、皇后マリー・ルイーズの室内楽団のメンバーになり、立場上チュイルリー宮で催される内々のコンサートで演奏する機会も多かった。 そういう「内輪の集まり」での有名な話が残っている。
思いがけなくナポレオンが、いつものように拍車のついた長靴をはいたまま入ってきて、しばらく耳を傾けていたが、つかつかとデュポールのところへ歩み寄り、 彼から楽器を取り上げると、馬にまたがるように足をひろげて腰をおろし、デュポールのまねをしながら「これは一体どうやって持つんだね、ムッシュー・デュポール」と尋ねた。 自分の美しいストラディヴァーリが皇帝陛下の拍車で押し潰されているのを見たデュポールが「陛下!」とあまりに悲痛な声を出したので、ナポレオンは笑って楽器を彼に返した。 しかしすでに楽器には被害があって、その後みごとに修理されたにもかかわらず、この乱暴な取り扱いの名残として今も小さな傷が側板に残っている。
この楽器は後にフランショムの手にわたった。 彼はこれを二万五千フランで買い、その後セルヴェに売った。 彼の死後楽器は息子ジョゼフが相続するが、その未亡人はそれを百万フランで手放した。 現在はロシア生まれのチェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの所有となっている。
[「名チェリストたち」東京創元社 1994 マーガレット・キャンベル著 山田玲子訳 amazon 強調は筆者]

このチェロは、現在はロストロポーヴィチの相続人が保有しているようですが[過去記事]、いつかこのチェロを受け継ぐ人が手に取ってみたら、まだどこかにナポレオンがつけたキズが残っているわけですね!

*** hayashi.jpg

上の話を読んで、チェリスト林裕さんが昨年開いたリサイタルシリーズのチラシを思い出さずにはいられませんでした[画像は公式サイトより]。チェリストが書き今は埋もれてしまった作品をとりあげたリサイタル。上のエピソードに引っ掛けたのかも知れない、という気がしてきました。

タグ : ロストロポーヴィチ 

2014.11.11
(Tue)

ソッリマと100人のチェロのベルリンの壁崩壊25周年コンサート

ベルリンの壁崩壊からちょうど25年にあたる11月9日、ジョバンニ・ソッリマと彼が率いる「100人のチェロ」のトリノ王立歌劇場でのコンサートを中継したイタリアの公共放送RAI5の番組が見られるようになっていました。公開期間は、たぶん1週間ほど。

NOVE NOVEMBRE - BERLINO 1989 [RAI.tv] manifesto_9novembre1.jpg

ベルリンの壁崩壊のとき駆けつけたロストロポーヴィチが、壁の前で喜びを込めて弾いたバッハ無伴奏チェロ組曲3番ブーレの「100人のチェロ」による大合奏から始まって、全体で2時間ほどのコンサート。

ステージの壮観な写真は、La Repubblica紙のスライドショーで。

タグ : ジョヴァンニ・ソッリマ  ロストロポーヴィチ 

2014.10.21
(Tue)

ビエンナーレ、ベルリンの壁、ソッリマ

biennale2014.jpg

前にも書いたチェロ・ビエンナーレ2014がオランダのアムステルダムで開催中(25日まで)。なんだかチェリストやお客さん、それに主催者がツイッターやフェースブックやYouTubeでたくさん発信していて楽しそう…

*** manifesto_9novembre1.jpg

そのチェロ・ビエンナーレにも参加しているジョバンニ・ソッリマは11月9日、ベルリンの壁崩壊(1989年)からちょうど25年になるのを記念して、100人のチェリストを率いて、トリノでコンサートを開くそう[ANSA.it]。

ベルリンの壁崩壊の記念行事が、なぜイタリアで、チェリストが…と思う向きもあるかも知れませんが、25年前のあのベルリンの壁崩壊のとき、ロストロポーヴィチが駆けつけて壁の前でバッハを弾いたのが、それだけ多くのチェリストの胸に強く刻まれているということでしょう。

***

ソッリマは、11月11日からはイギリス各地で、先日ヨーヨー・マのリサイタルで共演したばかりのキャスリン・ストットとリサイタル。ヨーヨー・マのパートナーをつとめるキャスリン・ストットとソッリマとなら、どんな自由なプログラムでも…と思って曲目を見たら、ベートーベンのソナタ4番、シューマンの民謡風小品、ショパンのソナタ…。ソッリマの自作曲も1曲入っていますが、意外とノーマルなプログラムなことに驚きました。これ、ほんとうにソッリマだろうか?と目を疑ってしまったほどです。

ソッリマとストットの出会いは「15年前、東京で」とのこと。てっきりヨーヨー・マの紹介だと思ってました。

[追記] イギリスツアーに先駆けてソッリマのインタビュー記事が出ていました[BBC Music magazine classical-music.com 14.10.23]。ストットとの出会い、選曲の意図、ベルリンの壁25周年コンサートのことなど。

ソッリマの演奏。

タグ : ジョヴァンニ・ソッリマ  ロストロポーヴィチ 

2013.02.21
(Thu)

地獄のレッスン

チェロの巨匠たちを織り交ぜたジョーク。 英語がうまく訳せているかわかりませんが…。

Three cellists die and appear before St. Peter.
[3人のチェリストが亡くなり、聖ペテロの前に歩み出た。]
※聖ペテロは、天国に至る門の鍵を持っているとされている。

Cellist 1: I have led an exemplary life and studied with Rostropovich.
St. Peter: Go straight to hell!
[チェリスト1: わたしは模範的な一生を送り、ロストロポーヴィチ先生に習いました。
聖ペテロ: 地獄へ行け!]

Cellist 2: I have been very pious, still practice Piatti every day, and studied with Aldo Parisot.
St. Peter: Please go straight to hell.
[チェリスト2: わたしは敬虔な信者で、ピアッティを毎日さらい、アルド・パリゾ先生に習いました。
聖ペテロ: 地獄へ行きなさい。]

Cellist 3: I have nothing to say in my defence except that I studied with Janos Starker.
St. Peter: Please come right in, you’ve been through hell already.
[チェリスト3: わたしには何も言い訳できるようなことがありませんが、ただ一つ、ヤーノシュ・シュタルケル先生に習っていました。
聖ペテロ: おお、こちらに来なさい。あなたは地獄からやって来たのですね。]

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)シュタルケル(ヤーノシュ)

イギリスの音楽評論家ノーマン・レブレヒト氏が、米カーティス音楽院の元学部長、ロバート・フィッツパトリック氏から聞いた逸話(anecdote)としてブログに書いていた話。

シュタルケルのレッスンは地獄…ということなのですが、おかしいのはこれがシュタルケル自身が言ったジョークだということ。

つい先日お話をうかがった堤剛さんによると、シュタルケル先生の演奏は完璧で、演奏中の失敗のエピソードなんてないんじゃないか、とのことでしたが、 「いい音楽家になるには酒とタバコとピンポン…」など、お話は面白いかただったようですね。

***

上のブログでこのジョークが話題に出たのは、今ちょうど(日本ではスポーツの現場での体罰が問題になっていますが) イギリスでは音楽教育の現場でのハラスメント的行為が問題になっていて、その話題の流れもあったようですが、それはまた別の話…。

タグ : シュタルケル  ロストロポーヴィチ 

2013.01.05
(Sat)

ロストロポーヴィチ・コンクールの行方?

日頃チェロに関するニュースがあるとチェックするようにはしているのですが、「あるはずのニュースがない」ことが気になることがあります。

Complete Decca Recording [CD, Import, From UK]
ムスティスラフ・ロストロポービチ いま気になっているのは、4年に1度開催され前回2009年には日本の宮田大さんが優勝した ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール[公式サイト] が、本来なら今年2013年に第10回開催だと思うのに、少なくともネットにはまだ何の開催要項・日程も発表されておらず、関連するニュースもまだないこと。

今年11月に開催される八王子の第3回カサド・コンクール[公式サイト]は、すでに開催要項・日程などが発表されています。両コンクールが加盟する国際音楽コンクール世界連盟のホームページにも、カサド・コンクールの日程は掲載されていますが、ロストロポーヴィチ・コンクールのそれは掲載されていません。

こうしたコンクールは、ごく限られた頂点にいる演奏家の人たちのもので、アマチュアとしてどこまで関心を持つかというと微妙なものがありますが、 やはりファンのひとりとしてどんな次代のスターが出てくるか気になるし、それも偉大なロストロポーヴィチの名を冠した権威ある大会、しかも前回、宮田大さんが優勝した大会ともなれば、その行方は大いに気になります。

この気がかりを裏打ちするのは、前回2009年の開催のとき、パリの財政上の理由から予算を削減されたというようなニュースがあったことで、これは推測ですが、ロストロポーヴィチはすでに2007年に亡くなっていることもあり、生前ゆかりがあったとはいえ、パリで開催し続ける意義がちょっと問われているのかも知れないという気がします。 代わりに母国ロシアのモスクワなど、他に開催する都市・運営母体の候補ならいくつもあるかも知れない (モスクワだとチャイコフスキー・コンクールとの関係をどうするかといった問題があるかも知れませんが)。

ロストロポーヴィチ・コンクールは、今後のよりよいかたちに向けた可能性を模索している最中ではないか?というのが外野にいる一人のファンとしての想像です。

タグ : ロストロポーヴィチ  宮田大 

2012.12.09
(Sun)

モスクワのフィンケル氏と弓毛の角度の問題

先日書いた弓毛の面の使い方について、100本の動画からなるCelloTalkシリーズのデヴィッド・フィンケル氏は何か言ってなかったかと思っていたら、ちょうどフィンケル氏はエマーソン弦楽四重奏団のチェロ奏者として最後のツアーでモスクワを訪問したようすをブログにアップしていました。

ロシアに入国するにあたって、先日のフランクフルト空港税関でバイオリンが押収された事件の影響で、音楽家たちの間にも気をつけようという空気が広がっているのをうかがわせる記述も。

... There have been recent stories of musicians not having had the proper paperwork and going through nightmares, so we were all well prepared. I am thankful every day that I have a crackerjack staff who takes care of most of the work for me; I don’t know how other musicians manage to find the time. ...

寒そうなモスクワで、故ロストロポーヴィチの銅像とお墓を訪れたようすも写真つきで[本文]。

ところで、CelloTalkシリーズをちょっと見直してみた限りでは、フィンケル氏は弓毛の面の角度について特に取り上げては話していないように思えました。代わりにフィンケル氏が時間をよく割いていたのが、弓の位置(元、中、先)の使い分け。

数々の動画を見ると、フィンケル氏は自然なボウイングをする「結果として」、あるていど弓毛の面を傾けているように見えました。ただし弓先に行ったときにも音の強さを保つために、弓毛の面をフラットに当てるテクニックについて、ドボルザークの協奏曲などを例に実演つきで話しているビデオがありました。

追記: コメントでたこすけさんが書いてくれたように、いきなりフィンケル氏の顔がアップで映るのでびっくりしないように注意!

タグ : ロストロポーヴィチ  デヴィッド・フィンケル 

2012.03.29
(Thu)

ロストロポーヴィチ像をプーチンが除幕

5年前に亡くなった偉大なチェリスト、ロストロポーヴィチの像がモスクワの街頭に建てられ、ロストロポーヴィチの生誕85年に合わせて、このほどプーチン首相の手によって除幕されたそうです。

Putin unveils statue of Russian musician Rostropovich [RT]
Impulsion in granite and bronze[The Voice of Russia 12.03.29 写真]

ちゃんとチェロを弾く姿が像になってますね…

YouTubeにアップされていた動画。

タグ : ロストロポーヴィチ 

old »