2016.03.27
Sun

ナイス・キャッチ

テニスで現在行われているATPマスターズ・マイアミ大会で、第1シードのジョコビッチの余裕のナイス・キャッチ。ふだんはATPツアーのナイス・ショットを紹介しているHOT SHOTというコーナー。

この大会、錦織選手は2回戦エルベールに勝ち、このあと順調にいけば準々決勝で第2シードのマレーと。このところ下位には確実に勝てているのが頼もしいです。

この他、日本選手では西岡良仁選手(20)、女子の大坂なおみ選手(18)がきょう時点でまだ勝ち残っていて楽しみ。

タグ : ノバク・ジョコビッチ 

2015.09.05
Sat

ジョコビッチのものまね

テニスでものまねといえば、世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ以前よくやっていたものですが、今やものまね「される」側に。ATP公式チャンネルより。

ストロークのときの下半身の使い方が似て見えるポイントでしょうか。やっているのは、アンドレス・カラスコという、プロサーキットでの実績はほとんどないけど、アリゾナ大学の選手時代にアガシ、サンプラスらをものまねをした動画でちょっと評判だったことがある選手。

ものまねというのは、僕も若い頃はしたりされたりしたことがありますが、本人がそこにいると、やる方もやられる方もやりにくいもので、そこを笑って受けとめ、さらに周りを楽しませるところが、ジョコビッチの度量の大きいところでしょうか。

***

4日の全米2回戦の試合後のインタビューで、いつも観客席で踊って盛り上げる名物男ヒューズ氏を「真のエンターテイナーだ」と褒めると、よろこんで乱入してきた本人とダンス…

タグ : ノバク・ジョコビッチ 

2014.09.07
Sun

全米決勝進出!

錦織圭選手が世界1位のジョコビッチを破って、決勝進出!

K.Nishikori 6-4 1-6 7-6 6-3 N.Djokovic [stats]

何が起こったのか、試合が終わっても、ちょっと信じられない気持ちでした。まさかここまでやるとは…。

後で少し冷静になれたら、追記するかも。

***[以下追記]
歴史的な一戦、と意気込んで午前1時から起きて見ていると、意外なほど静かな試合に感じた。スタンドの歓声は、全米の準決勝にしてはそれほど大きくなかった。なんとなく皆が最後はジョコビッチが勝つことを予想していたようだった。

錦織陣営のマイケル・チャンもダンテ・ボッティーニも、ラオニッチ戦やバブリンカ戦のときのように、立ち上がって鼓舞するようなシーンはあまり見られなかった。それが必要ないくらい、錦織自身が集中したいい表情をしているように見えた。少し離れたところに映ったご両親も静かに見守っていて、表情が読み取れなかった。

「錦織選手が勝つかも知れない」と思えたのは、セットカウント2-1とリードした第4セットでジョコビッチのサービスを破ったあとの第2ゲーム、錦織選手のサーブを0-40からキープしたとき。それまでは、セットこそリードしたものの、ポイント数でもウィナーの数でもジョコビッチが上回り、ミスの数は錦織のほうが多かった。

おそらくジョコビッチは、「受けに回って勝てる」と思っていたのではないか。5セットを2試合戦っている錦織、よく故障する錦織、というイメージがどこかにあったのかも知れない。試合直後のインタビューを読むと、ジョコビッチは「ミスが多く、球が浅かった」と自己評価し、記者たちはその原因をこの日の暑さと湿度に求めていたけど、「二人に条件は同じ」と否定していた。これに対して錦織選手は、ミスを恐れず、果敢にストロークを強打し、胸のすくようなウィナーが何本も決まった。

決勝(現地月曜夕方5時、日本時間火曜朝6時から)の相手は、フェデラーでなくチリッチに決まった。チリッチもまたこれまででベストのテニスをしているらしい。対戦成績は錦織の5勝2敗だけど、これまでの成績は参考にならないかも知れない。フェデラーとの決勝ならば勝敗は抜きにして楽しもうと思っていたけど、こうなったら優勝してカップを掲げる姿を見せて欲しい。


タグ : 錦織圭  ノバク・ジョコビッチ 

2014.08.22
Fri

全米ドローとアイス・バケツ・チャレンジ

25日からの全米オープン2014ドローが発表。ナダルが右手首負傷のため欠場。足の故障の影響が心配な第10シード錦織圭選手の対抗シードは、またしてもラオニッチ

男子のシードが勝ち上がると…
ジョコビッチ v マレー
バブリンカ v (錦織 v ラオニッチ)
ベルディヒ v フェレール
ディミトロフ v フェデラー

錦織選手の1回戦の相手は、アメリカのOdesnik(180位,28歳,左利き)。故障のためあまり練習できていないと思うので、今回はラオニッチを破るところまでいかなくても、きちんと出場して1つでも2つでも勝ちを積み重ねてくれれば…(弱気)。

***

ところで、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度を上げ支援しようというアイス・バケツ・チャレンジは、すでにテニス界にも広がりを見せていて、ジョコビッチも氷水をかぶる姿がありました。

錦織選手はフェースブックのページで、恩師のニック・ボロテリ氏と並んで。錦織くんに氷水をかけているのは、リシツキ。

この他、往年の選手ではジョン・マッケンロークリス・エバートらも。

[追記] これを書いていたら、ロジャー・フェデラーフェースブックで!…イワノビッチの指名を受けて。フェデラーは、こういう「お祭り」は避けて、スマートに寄付だけして去る人かと思ってたけど…。

[さらに追記] ナダルも

タグ : 錦織圭  ノバク・ジョコビッチ  ロジャー・フェデラー 

2014.05.27
Tue

雨天中断中のジョコビッチ

昨日26日の全仏オープン1回戦で。小雨で試合が中断されると、余裕のリードを広げていたジョコビッチはボールボーイと…

直前に、錦織選手が1回戦でクリザンに6-7 1-6 2-6で敗れてがっかりした後だったので、よけいにジョコビッチの安定感が印象に残ったのと同時に、心が和みました。

タグ : ノバク・ジョコビッチ 

2014.01.10
Fri

全豪2014ドロー

今年も全豪オープンからシーズンがスタート…。きょう発表されたドローによると、錦織圭選手(24)は第16シードで、第1シードのナダルのブロック。1回戦が地元オーストラリアのマトセビッチ(28歳,56位)。ベスト8を賭けてナダルに当たるには、3回戦で昨年のウィンブルドン3回戦で敗れたイタリアのセッピと、先週ブリスベーンで敗れたヒューイット(32)のどちらかに勝たなければいけなそうだから、なかなか大変。マレーフェデラーも同じ上半分のブロックに集まってしまった…。

((ナダル v ((セッピ v ヒューイット) v 錦織)) v デルポトロ)
(マレー v フェデラー)
(ベルディヒ v フェレール)
(バブリンカ v ジョコビッチ)

添田選手は1回戦マレーと。女子ではクルム伊達選手が1つ勝つとリー・ナと当たるブロック。

去年は「あと一歩」の結果が出なかった錦織選手に、応援しているこちらが落ち込んだりしたので、今年は冷静に見るようにしようと思います。

追記: もうひとつの注目は、錦織選手がマイケル・チャンをコーチに迎えた以外にも、ジョコビッチがボリス・ベッカーを、フェデラーがステファン・エドバーグをコーチに迎えたことで、従来からマレーをコーチしているイワン・レンドルに加えて、スタンドに陣取る80~90年代のスター選手たちの姿が見られそう。

タグ : 錦織圭  ノバク・ジョコビッチ 

2013.06.25
Tue

ジョコビッチ、また、ものまね

ウィンブルドン直前のエキシビジョン・マッチで、ジョコビッチがまたシャラポワのものまねを披露したもよう[Telegraph.co.ukより]。

なんだか、だんだんシャラポワ本人とは「別物」の域になってきたような…。過去のものまねの数々はこちらから。

今回のポイント(?)は、ネットの向こう側にいるのが最近シャラポワと交際しているというもっぱらの噂のディミトロフ選手(22)だということのよう。

タグ : ノバク・ジョコビッチ 

2012.07.11
Wed

ロンドンオリンピックの旗手にテニス選手が多い

ロシア五輪選手団、シャラポワが旗手[サンスポ 12.07.10]

シャラポワがロンドン五輪の開会式でロシア選手団の旗手をつとめることが"正式に"決まったとのこと。 スマッシュ 2012年 08月号

今回のオリンピックは、母国選手団の旗手をつとめるテニス選手がシャラポワの他にも、ナダル(スペイン)、ジョコビッチ(セルビア)、ラドワンスカ(ポーランド)、ミルニ(ベラルーシ)、ピロンコバ(ブルガリア)、バグダティス(キプロス)、Horia Tecau(ルーマニア)、Stephanie Vogt(リヒテンシュタイン)…と多い。

[追記: Tennis-x.com: Tennis Players Top List Of Olympic Flag Bearersより]
[追記07.20: ナダルが体調不良を理由に五輪を欠場、旗手も辞退することに…残念。]

フェデラー(スイス)は、すでに2004年アテネと2008年北京と連続で旗手をつとめたし、今回はまだどうなるか決まっていないらしいけど、ウィンブルドンで優勝したばかりだし、また頼まれるかも…と思っていたらフェデラーでなく、ダブルスのパートナーで、一緒に金メダルを取ったバブリンカが選ばれたそう! これで合計8人

これだけテニスの選手が多いということは、それだけ今のテニス界に"アスリート"としても"その国の顔"としても誇りにされる人材が多いということで、よろこばしいことです。あまりテニス選手ばかりになってもどうかと思いますが…とにかく開会式が今から楽しみです。

(ちなみに日本の旗手は、レスリング女子の吉田沙保里選手だそうですね)

タグ : ノバク・ジョコビッチ  ロジャー・フェデラー 

Home old »