善福寺手帳

ぜんぷくじてちょう

メンデルスゾーンのチェロ協奏曲?

[ 2014/10/01 Wed] チェロと音楽

最近エチュードとして弾いている「12のカプリース」を書いたピアッティ(Carlo Alfredo Piatti,1822-1901)は、 優れたチェロ奏者として同時代の作曲家にも大いに評価され、リスト(1811-1886)にリサイタルに呼ばれ、新しい楽器を贈られたりしているし、 メンデルスゾーン(1809-1847)がチェロソナタ第2番を作曲するときに助言を求められたりしたらしい。

実はメンデルスゾーンは、チェロ協奏曲も書こうとしていて、ここでもピアッティに助言を求めていたらしいけど、その楽譜はピアッティとのやりとりするうちに失われてしまった、という話…メンデルスゾーンにチェロ協奏曲があったら!

ICSにピアッティの略歴を書いたシカゴ交響楽団のDavid Sanders氏によると「配達中に失われた」とのこと。また、イギリスのClassicFMに「こぼれ話」的に紹介されていたでは、献呈者(おそらくピアッティ)の下へ送られる途中「馬車から落ちた」とあり、ご丁寧にイラストまで添えられてあるけど、上記と同じソースかも知れない。

それにしてもメンデルスゾーンは楽譜の「控え」を取っておかなかったのか? 紛失したとしてももう一度書き起こす気力も湧かなかったのか? このあたりの経緯がもう少し知りたいところ。

R. Larry Toddという人のメンデルスゾーンの伝記[books.google]によると、メンデルスゾーンがピアッティと出会ったのは1844年で、 それ以降のどこかの時点で、ピアッティにチェロ協奏曲の1楽章の楽譜かあるいはスケッチかを見せているけれど、 ピアッティは「(メンデルスゾーンのあの)バイオリン協奏曲には遠く及ばない」と見ていたことを示す記録(書簡)があるらしい。

メンデルスゾーンが亡くなるのがピアッティと出会ったわずか3年後の1847年だから、メンデルスゾーンにとっては残された時間が足りなかったかも知れない。

(まあ、とにかく「バックアップは取っておきましょう」ということですね…)

フィギュアスケートの衣装にチェロ

[ 2014/09/27 Sat] 変なもの

今週ドイツで開催されていたフィギュアスケートの国際大会ネベルホルン杯で、ルーマニア代表 Julia Sauter選手(17)のフリーの演技での衣装が、チェロ…

140927.jpg

音楽は、Piano Guysがカバーしていた曲だから、チェロがテーマであることにはまちがいないでしょう。

この大会でJulia Sauter選手は16人中の11位だったそうです。衣装は悪くなかったと思うのですが…これから応援したいと思います。

コメントをチラッ。

レッスン #262

[ 2014/09/26 Fri] チェロと音楽

シュレーダー149番、ピアッティのカプリース7番Maestosoの後半。テンポは8分音符60くらい。前半はもう少し速く弾いたのだが、 なにしろ最後のGrandiosoのところの左手が難しかったので。2回弾いてOKをもらう。

ピアッティの7番。いつものキャロルさんの演奏。

YouTubeでは色々なチェリストのピアッティを聴くことができるけど、すごいと思うのはウェン=シン・ヤンの演奏で、録音のコピーだろうからリンクはしないけれど、難曲なのにすべての音を鳴らし切った上で歌うところは歌い、曲として完成しているところがすごい。 こうした名手が、たとえば4分音符で70のテンポで弾いていれば、自分は8分音符で70のメトロノーム(つまり半分の速さ)に合わせて正確に弾くのが、このところのピアッティのシリーズでの目標。

このピアッティ、一つ一つの技術的な「効能」はよくわからないけど、少なくとも「こんな難しいのが弾けるんだったら、バッハの6番サラバンドだって弾けるんじゃないか」と思えるようになったのは、効能のひとつ。

そのバッハ無伴奏チェロ組曲第6番サラバンド。このサラバンドを「少しロマンチックに」というのが先生と話したテーマ。 ビブラートや強弱・テンポの変化をつけて、ということ。繰り返しありで弾いた後、止めながら。 3/2拍子の3拍目裏に慌てて飛びつかないで、むしろブレスを入れること。 4分音符2つずつのスラーの後のほうの音が短くなったり、痩せたりしないように「ベタベタと」弾き切ること(重音だと難しかったりするのだが)。練習でときどき上のメロディーだけを弾いてみたらどうか、等々。

サラバンドは、今回でいちおうおしまい。次の曲について、先生と相談。 このところ刺激が足りないのか、それとも生活全般にパワーが落ちているのか、弾きたいと思う曲が浮かばなくなってきていた。 ハイドンの協奏曲1番やバッハ無伴奏の4番くらいなら習ってもいいのではないか?と思う半面、 今のようなパワーの落ちた状態で弾いても身にならないのではないか?それより偉大な曲に失礼なのではないか?…と思ったりもする。思いつきでいくつかあげた小品は、先生に即座に却下された。

レッスンで習う曲を選ぶときは、その曲を「石にかじりついても」弾きたくなるような、「渇き」のような気持ちが必要ではないかと思うのだ。 何しろその1曲で、何か月もの間、心と頭とを満たすことになるのだから。 これまでの曲の中では「アルペジオーネ・ソナタ」や「アダージョとアレグロ」がそうだった。今回のサラバンドもそうした曲の1つ。

先生が何か曲をこれと決めてくれれば(最近ではボッケリーニの協奏曲)それも力になりうるが、どうもR子先生は今回、こちらに任せる構え。結局、次回までに考えておくことになった。

タグ : チェロレッスン 

ジョシュア・ベルが再び地下鉄構内ライブ演奏

[ 2014/09/24 Wed] 雑記

7年前にワシントンD.C.の地下鉄構内で愛用のストラディバリウスでライブ演奏をして、ほとんど気づかれなかったことで話題になったアメリカの代表的バイオリニスト、ジョシュア・ベルが、7年経って再び同じワシントンの地下鉄構内で演奏するそうです。ただし今回は来る9月30日12時半からユニオン駅構内と予告して…[Strad経由Washington Post]。

7年前のライブ演奏は、ワシントンポスト紙の発案で仕掛けられ、このときの記事はピューリッツァー賞を取り、子供向けの「いい話」として絵本になったりもしました。このときは43分間の演奏で、1分間以上立ち止まって聴いた聴衆はたった7人、集まったお金は32ドルほどだったそうですが、さすがに今回はもっとたくさんの人が集まってジョシュア・ベルの演奏に耳を傾けるのではないでしょうか? Bach Joshua Bell

なお、9月30日は、ジョシュア・ベルがバッハを弾く新しいアルバムの発売日でもあるらしいです…考えたものですね。

[10.01追記: 30日のライブの様子。初めにしゃべっているのが、7年前の記事を書いたワシントンポスト紙のワインガーテン氏。]

チェロのドキュメンタリー映画

[ 2014/09/24 Wed] 雑記

チェリスト、楽器職人、盗まれた父親のチェロを探し続ける娘[※追記注]…などチェロにまつわる人々に密着した"Cello Tales" という海外のドキュメンタリー映画(邦題をつけるなら「チェロ物語」という感じでしょうか)がオンラインで全編視聴できるようになっていました[ICS CelloChatより]。

CELLO TALES (UK Subtitled) by Anne Schiltz [Samsa Film - vimeo.com]

昨年2013年ルクセンブルグで製作された75分ほどの映画で、モントリオール映画祭2013のドキュメンタリー部門にも出品された作品。出演しているチェリストが、ドイツのダニエル・ミュラー=ショット。映画の中ではドイツ語、フランス語、イタリア語、英語が飛び交いますが、リンク先は英語字幕版。

映画全編をここに埋め込むことはできないみたいなので、予告編(フランス語字幕)。

[※追記注]
この盗まれたチェロがドキュメンタリー映画の中心の一つで、1999年にルクセンブルグのチェリストから盗まれたテストーレ(Paolo Antonio Testore) 1719年のチェロを、娘が10年かけて探し続け、ついに香港のチェリストが弾いているのを見つける…しかし、そのチェリストは自分が買ったものだと言って返そうとしない、果たして?…という実話。

(テストーレというと、宮田大さんが齋藤秀雄氏から受け継いだチェロPaolo Antonio Testore 1746年と同じ作者ですね)

タグ : チェロ事件簿 

コメントをチラッ。

折りたたみチェロのその後

[ 2014/09/22 Mon] 変なもの

トレンチ・チェロの話題から、以前見つけた、旅先でも練習ができるという折りたたみチェロがその後どうなっているか見てみたら、まだありました。

高齢だった発明・創業者は後継者に道を譲ったものの、同じPrakticelloという商品名で、ウェブサイトも一新し、フェースブックのページも。価格は1,450ドル(約15万8千円)…

フェースブックで紹介されていた利用シーン。

トレンチ・チェロを紹介するBBCのラジオ番組でも、1900年頃の、行楽先でも弾けるホリデー・チェロ(holiday cello)というものに触れられていましたから、こうしたものがあったらいいな、なければ作ってしまおう…と思う人はいつの世にもいる、ということかも知れません。

第5回「チェロの日」申し込み

[ 2014/09/21 Sun] チェロと音楽

日本チェロ協会主催の「チェロの日」が、来年も第5回が2015年2月28日(土)と3月1日(日)の両日開催されるそうで、参加するチェリスト募集の締め切り9月30日(火)まであと10日を切りました。

第5回チェロの日を開催致します [チェロの日のサイト]

私もこの「チェロの日」には第2回から毎年参加していて、毎回すばらしい体験をさせていただいているのは過去、ブログにも書いている通りで、今回もとにかく参加申し込みをすませました。

今は日本チェロ協会会員を対象とした募集ですが、会員でも申し込みを忘れている方がいらっしゃるかも知れないのと、会員でない方もこれを機会に入会してしまうという考え方もあるわけで…いえ、誰かに頼まれたわけではありませんが、お知らせまで。

タグ : チェロの日 

トレンチ・チェロの音色

[ 2014/09/20 Sat] チェロと音楽

先日書いた、第一次世界大戦のとき、イギリス軍兵士が戦場の塹壕(trench)の中で弾いたというトレンチ・チェロの、ステイーブン・イッサーリスによる生演奏がBBCラジオで聴けます。

BBC Radio3: In Tune[Friday 19 September 2014]

昨日19日の夕方(日本時間深夜)に生放送されたもので、1週間の限定公開。番組の冒頭 7分過ぎからイッサーリスが登場して、約10分間、トレンチ・チェロの話題と演奏。トークをはさみながら、初め短い曲を2曲(イギリスの古い歌か何かでしょうか?※追記2参照)の後、バッハの無伴奏組曲5番のサラバンド。

[追記1] 上記番組のトレンチ・チェロの話題部分10分間は、1週間を過ぎても聴けるようになっていました。
SoundCloud: BBC World Service Radio: World War One Cello made out of ammunition box
BBC - Podcast and Downloads: Radio 3 In Tune Highlights。"Steven Isserlis Trench Cello 19 SEP 2014"というepisodeをダウンロード(5MB)すればオフラインでも聴けます。

響きはさすがに本物のチェロほどではない気がしましたが、儚げな響きが、イッサーリスが弾き、その歴史にも思いを馳せると、何とも言えぬ味わいになるような気がしました。

トレンチ・チェロを弾いている姿はこんなかんじ。弾薬箱を利用して、ネックや弓を箱に入れて持ち運べるようになっているのが特徴。

[英国王立音楽アカデミーのツイートより]

しまうときは、こんな感じ。

19日のスタジオの様子。

[追記2] イッサーリスが番組中、トレンチ・チェロで弾いた曲目。
初めの短い2曲はいずれも第1次大戦中のイギリスの歌。
- "Keep the home fires burning" Ivor Novello作曲(1914)
- "Jerusalem (And did those feet in ancient time)" Hubert Parry作曲(1916)
プロムス最終夜に決まって歌われる聖歌だそう。
- バッハ無伴奏チェロ組曲第5番サラバンド

[追記3] イッサーリスは翌20日のBBC Radio4の朝の番組Todayにも呼ばれて、番組の最後6分間くらいでトレンチ・チェロの紹介。内容はほぼ同じで、弾いたのは上の"Jerusalem" 1曲。この放送も1週間限定。

[追記4] このトレンチ・チェロを展示する英国王立音楽アカデミーの解説。イッサーリスといっしょにラジオに出ているBeare氏によるもの。これを読むと細かいところではいくつか疑問がわいてきますが、実際よくわかっていないのかも知れず、だからこそ想像を掻き立てるのかも知れません。

タグ : スティーブン・イッサーリス 

コメントをチラッ。

スコットランド独立投票前夜

[ 2014/09/18 Thu] 雑記

スコットランドの独立を問う住民投票を18日に控えて、このひとはスコットランドの高台に登って、チェロの演奏で「スコットランドよ英国に残れ」と。

曲は、スコットランドの国歌の候補の1つにもなっているらしい Highland Cathedral という美しい曲。

スコットランドが独立した場合の国歌には、「スコットランドの花」(Flower of Scotland; サッカーやラグビーの試合の前はこれ。イングランドと戦った歴史を想起させる歌詞がある)や「勇敢なるスコットランド」(Scotland the Brave; バグパイプの演奏でよく聴く)といった曲が有力候補だそうですが、ここでこの曲が選ばれたのは、スコットランドの美しさを称えながら最も平和的な曲だからじゃないかという気がします。

国を二分する論争の主張も、こういうやりかたならいいですね。

[19日追記]
スコットランド独立に関連しては、スコットランド出身のテニスのアンディ・マレー選手が投票直前にツイッターではじめて独立賛成の意思を表明。これが独立賛成派を後押ししたと見られる一方、ネットで反対派からの非難も受けているよう。マレーは来年のデビスカップは引き続きイギリス代表としてプレーする意向とのこと[BBC,AFP時事]。複雑な立場がうかがえますね…

[さらに追記]
すでに伝えられている通り、投票の結果、独立反対が賛成を上回り、スコットランドはイギリスにとどまることになった。

現代版「セロ弾きのゴーシュ」的CM

[ 2014/09/17 Wed] 雑記

キャノンの新しいカメラのCM動画。チェロが出てきて、曲はCMによく使われるバッハのプレリュード…

本格派向けのカメラらしく、この動画もなかなか芸術的じゃないか…と思って見ていたら、これ、現代版の「セロ弾きのゴーシュ」ですね!

セロ弾きのゴーシュ (角川文庫) 宮沢 賢治 末尾のクレジットによると、チェロ演奏は広島交響楽団首席のマーティン・スタンツェライトさん[HP]。